その他

内蔵型Blu-rayドライブのケースについて

今時のパソコンは、デスクトップといえどBlu-rayドライブを入れる場所がありません。

ポータブルタイプのBlu-rayドライブを使いたいところですが欠点があります。

ポータブルタイプのBlu-rayドライブは、4K UHDディスクの再生が出来ません。

※パイオニアのポータブルタイプBlu-rayドライブは、再生が出来るけど制約が多すぎて実用的ではありません。

また、ポータブルタイプは、内蔵型Blu-rayドライブに比べてスピードも半分のため、あまり好きではありません。

 

私は、裸族で内蔵型Blu-rayドライブを使っています。パソコンも裸族。普段の格好も裸族です。(嘘)

ドライブケースのメリット・デメリットについて

Blu-rayドライブをケースに入れるメリットを考えましたが、以下の2つぐらいでしょうか。

  • 見た目が良くなる
  • 動作音が静かになる
  • eSATAタイプも使えるケースがある

デメリットもあります。

  • 値段が高い
  • 場所をとる
  • 中身の入れ替えが大変

内蔵型Blu-rayドライブのケースについて

安いケース。値段相応っぽい。安物買いの銭失いパターンか...

 

。黒ベースのMac mini 2018や黒パソコンには似合わない。お洒落なケースが見当りません

 

お高いですが、これが良さげ。

 

CDリッピング用 制振強化ケース

 

USB3.0/eSATAが使えるタイプ

 

ラトックシステムさんが良さげ

色々調べましたが、この分野の中では、ラトックシステムさんが定評があり良いことを理解しました。

縦置きが出来ます。

USB3.0/eSATAリムーバブルケースがあるためコーディネートが出来ます。

 

 

USB3.0/eSATAリムーバブルケースも良さそう。

 

 

紹介したLG・ASUSさんのドライブも入るハズ

動作が保証されているのは、奥行き181mmのBDR-S11J-Xです。

私が紹介したLG・ASUSさんのドライブは、奥行きが1cm短いので、物理的に入るハズです。

動作の保証はありませんが、この分野は汎用的で相性問題は聞いたことがないので、おそらく大丈夫だと思っています。

まとめ:基本は裸族か

値段相当のメリットが見当たらないと感じました。

ただ、興味のある方は、ご利用ください。

-その他
-

© 2020 PCまなぶ