レビュー ビデオキャプチャ BOSTIN USB 3.0 HDMI

簡単にできるかと思ったら、思いのほか苦戦しています。楽しみながらマイペースで解決します。

ドライバ不要

UVCとUACによりWindows , Mac , Linuxでもドライバ不要です。

UVCとはUSB Video Classの略です。UACとはUSB Audio Classの略です。標準的な規格のためWebカメラのように標準的な機能として扱われます。

UVC・UACに対応したソフトウェアであればキャプチャーすることができます。

1080p 60fpsも可能

多くの解像度とフレームに対応しています。

 

キャプチャーは無料で高性能なOBS Studio

キャプチャーソフトは、使い慣れたものがされば、それで十分です。

マニュアルでは、OBS Studioを使って説明しています。

OBS Studioは、無料でWindows , Mac , Linuxに対応しており、軽量・高機能なソフトウェアです。

OBSは、Open Broadcaster Softwareの略で配信ソフトウェアですね!

OBS Studioをダウンロードしてインストールする

 

以下のHPにアクセスします。

OBS公式サイト:https://obsproject.com/ja

 

Mac mini 2018で試したため、macOSをクリックしました。

 

今回は、ダブルクリックしてもインストールできません。

 

[ctrl]キーを押しながらクリックし、「開く」を選びます。

 

「続ける」をクリックします。

 

「インストール」をクリックします。

 

「閉じる」をクリックします。

 

なんとType-Cケーブルの初期不良

Macでやっても上手く出来ません。

簡単にできると思ったらダメダメです。

原因の一つは、Type-Cケーブルの初期不良でした。

 

Windowsだとスムーズに解決

ケーブルを交換したらスムーズに出来ました。

カメラアプリでキャプチャーしました。

まとめ:Macはまだ解決出来ず

元技術者ですので、切り分けをすれば解決できる自信があります。

コツコツ分析してMacでもできるようにします。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加