カメラ

ニコン D780 親ピン(親指AF)を設定する

ニコンD7200からD780にステップアップしました。

初期設定は、シャッター半押しでピント合わせです。カメラの上級者であれば、これほどウザい動作はありません。

カメラ初初心者なら半押しでピント合わせ

カメラ初心者であれば、シャッターボタンを半押しでピント合わせをして、押して撮影です。

ピントがずれていると、撮影されないため失敗が少ないです。

上級者であれば親ピンを愛する

上級者であれば、ほとんどが親指でピント合わせをします。

これが親ピンです。別名で置きピン・親指AFともいいます。

カメラ上級者であれば、親指でAF-ONでピント合わせ、リレーズボタンで撮影です。

もし、半押しがピント合わせになっていると、撮影したくてリレーズボタンを押した時に再びピント合わせ始まって、撮影するタイミングが遅れます。

連続撮影が高速にできるなど、親ピンの方がメリットが多いです。

早速、「半押しでピント合わせ」をオフにしましょう。

「MENU」ボタンを押します。

 

上下に動かして、鉛筆マークで右にして「aオートフォーカス」でOKボタンを押します。

 

下連打で「f8半押しAFレンズ駆動」で「OK」ボタンです。

 

「しない」で「OK」ボタンです。

 

「AF-Sモード時の優先」を確認する

別の人に撮影をお願いするときは、もとに戻してくださいね!

初期値だと、AF-Sモード時は、フォーカスになっていてピントが合わないと押せません。

状況によってリレーズ(撮影すること)した方が良いので変更できるようにしましょう。

操作は同様です。

 

「リレーズ」に設定することで、フォーカスポイントのピントが合っていなくても撮影が可能になります。

フォーカスで同様にしたい時は、AFボタンを押してフォーカスポイントのピントを合わせて、そのまま写したいところを向いてリレーズします。

まとめ:上級者必須の知識

いかがでしたでしょうか。

撮影モードの変更方法を知ることが先なので、次はその説明をしますね!

関連URL

【まとめ】Nikon D780が期待以上。D5とZ6の良いとこ取り

-カメラ
-

© 2020 PCまなぶ