【Duet Display】MacのサブモニターにiPadを利用する!

検証用にMacを購入したことを記念して、MacのサブモニターとしてiPadを活用します。

STEP1:iPadをサブモニターにする
※今回の記事はここまで

STEP2:iPadをMacの液タブ代わりに使用する

iPadをパソコンのセカンドモニターにするDuet Displayを利用します。

本ソフトの凄いところは、iPad Pro + Apple Pencilで、液晶ペンタブレットとして使うこともできます。Photoshopにも対応しています。

液晶ペンタブレットのように使うには、通常『ワコム Cintiq Pro 13』か『Surface Pro 4』が必要ですが、簡易的に同等のことができます。

iPad Pro 12.9 2017とも相性が抜群です。

Duet Displayとは

iPadとPC(Win・Mac)をお持ちの方にオススメなソフトです。

本ソフトウェアを使えばパソコンのサブモニターとしてiPadを使用できます。

サブモニター化するソフトには、様々な種類があります。超定番ソフトであるDuet Displayを紹介します。

実施方法

STEP1 iPadのでApp Storeで「Duet Display」をダウンロード

先ほど案内した『http://appstore.com/Bestof2015』にアクセスしてApp Storeに移動します。

そして、6位のiPadのApp Storeで「Duet Display」をダウンロードします。

今さらの説明ですが、1,800円が必要です。1週間お試しで使うことができます。

タブレットとして利用するには、年間2,300円が必要です。

920150217r460

インストール終了後し、起動した画面。分ったを押しておきましょう。

20151230r11

STEP2 Macにアプリをインストール

http://duetdisplay.comからインストールします。

尚、ダウンロードサイトは、英語ですが、アプリは日本語です。

インストールは、簡単です。

「ライセンス使用条件に合意します」にチェックをいれて「認証してインストール」をクリックします。

「システム環境設定を開く」をクリックです。

補足:本表示がありましたら、「OK」ボタンです。

上記のメッセージに書いてあります。「一般」タブの「許可」をクリックします。

Macを再起動をして終了です。

無事、インストールできました。

※なぜか私は、2回インストールして、2回目でこの画面がでました。

もう一つの特徴としては、右上のところに「d」のアイコンがあれば、正常に動いている証拠です。

設定が必要な場合は、「詳細な設定」をクリックです。

STEP3 iPad側でDuet Displayを起動します。

Duet Displayのアイコンは、こんな感じ

20151230r09

起動すると以下の画面が表示されます。ライトニングケーブルを接続しましょう。

20151230r12

STEP4 自動的に表示されます。

上手く表示されない場合は、次の「設定方法」を参照ください。

設定方法

主な設定は、二つあります。duet側の設定とWindows側の「画面の解像度」の設定です。

duet側の設定

Macのデスクトップの右上にあるduetアイコンで起動しましょう。

解像度がRetinaにならない場合は、Mac側の設定で変更します。

以上で、快適な環境が手に入りました。サテチのタブレットスタンドとともにご利用ください。

まとめ:デュアルディスプレイ&液タブで快適操作

モバイルで大活躍する組み合わせです。広々画面で快適操作を実現しましょう。

関連URL

【朗報】Duet DisplayのDuet ProがiPad Pro 2017に対応

Nexus 7 2013をWindowsのマルチモニタとして使用する【Komado2】

Androidでも同様にできます。

20130925r15

デバック用: FB:1 TW:1 Po:1 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加