初心者にもわかりやすい!EaseUS Disk Copy Pro 3.0を使ってクローンを作る

クローン作成ツールとして定評のあるEaseUSから、24時間限定(5月24日木午前12時 から5月25日(金)午前12時まで本ソフトが無料提供されます。

詳しくは、『EaseUSクローンソフトが24時間限定で無料提供』を参照ください。

キャンペーンに便乗して、2TBのSSDを自腹で購入して500GB×2台から2TBへアップグレードしました。

私のメイン環境で実施しました。信頼のあるEaseUS なら安心です。

 

操作方法

ディスクコピー・クローンソフト - EaseUS Disk Copy Home』にアクセスします。

入手しておきましょう。

 

インストールは、全て初期値で大丈夫なようです。

 

無料体験と書いてありますが、すぐにライセンス認証が始まるため利用できません。

どうしても無料で使いたい方は、明日提供されるものを利用してライセンス認証まで終わらせてください。

 

転送元の選択

「ディスクモード」を選択します。
※ディスクモードでないとでないと、起動領域ごとのコピーができないので

セクターバイセクターとは、原始的にそのままコピーすることです。

 

転送先の選択

転送先を選択します。USBデバイスやフォーマット情報がないことを示す"Unallocated"などの補足があるためわかりやすいです。

 

最後の確認

自動的に容量が増えるところが、いままでのクローンソフトと違うところです。優秀です。

 

SSDからSSDなので5分ぐらいで終わるかな~っと思ったら...

全然おわりません(笑)。結局1時間ほどかかりました。

MBRもコピーしてくれているので初心者にも安心です。

 

54分で終わりました。

 

CドライブのSSDを外して、新しいSSDをつけたところ何事も問題なく起動しました。

まとめ:とても使いやすいソフト

OSのクローンを作るときは、CD起動をして作るのが一般的です。

本ソフトの場合は、パソコンを使いながらでも、起動ドライブのクローンが作れます。

今まで使った中でもトップクラスの使いやすさです。

 

1点改善を希望するとなると残り時間の予測です。

当初、3分程度で終わるように見えて、どんどん伸びて1時間程度かかりました。

それほど難しくはないと思いますので、残り時間の表示の制度をもう少し高めて頂けると嬉しいです。

デバック用: FB:1 TW:4 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 4  このエントリーをはてなブックマークに追加