オススメアイテム

Amazon特価セール中!レビュー エルゴトロン MXとLXとの比較

モニターアームの超定番のLXとMXの違いをレビューします。

 

9.5kgのモニターならLXよりMXが良いです。ただ、MXはアームが180度にしか回転しません。

この点をあらかじめ理解して買う必要があります。

 

LXばかりが人気で、MXのアームを使っている人は少ないようです。

Dell U4021QW 5K2K 40型曲面ウルトラワイド液晶は、9.5kgです。LXでも大丈夫ですが、心もとないためMXも試しました。

  • LX 3.2~11.3kg 34インチまで
  • MX 6.4~13.6kg
  • HX 9.1~19.1kg

LXの欠点 !9.1kgを超えると制限がある

9.1kg以上のモニターでは最大で11cmの上下移動の減少が起こりトータルで22cmの上下移動となる可能性があります。

9.1kg以上のモニターでは上下の移動がスムーズでなくなります。

 

MXは白色でもグロメットマウントが同封

LXの白色はグロメットマウントが別売りですが、MXは白色でも同封しています。

机に穴が開いているときに有効です。

※写真はLXのものです。

 

箱は、少しで大きいくらい

上がLX。下がMX。ずいぶん大きいように感じますが...

 

横から見ると、LXは長いです。やっぱMXが高さと奥行きがあるので、大きいことになります。

 

ぱっと見では、LXとMXの大差なし。ちょっと「ごっつい」くらいです。

 

エルゴトロン クイックリリース ブラケット 60-589-060が便利です。

15.9kgまで対応しています。価格も安いです。

 

ブランケットをつけるので意味がないですが、ここで固定することも出来ます。

 

長尾製作所のパソコンマウントが便利です。

必要に応じてMac mini・DeskMiniがマウントできます。

 

余談ですが、下にもパソコンを設置できるようにしました。

 

もっさくならないように工夫しました。使わなければ見えなくすることも出来ます。

 

アームを使っても、机の下から線がぷらんと見えるとみっともないです。トレイも必須。

 

MXのダメダメなところが、ベタベタな部分があること。くれぐれも誤って触れないようにしてください。

 

ブランケットは、便利です。取り外しが自由自在です。

 

アームの太さの違いは、以下の通り。下の部分です。

上がLX。下がMXです、

 

アームの上の部分。

上がLX。下がMXです。

 

土台の大きさは、意外にも横へはLXが大きい。奥行きは、MXが長いです。

 

下の部分は、MXになると2つになり、頼もしさ2倍です。

 

箱には、以下のように入っています。右下がグロメットマウント用の部品です。

 

MX最大の欠点は、アームが奥に行かないこと

LXは、360度自由に動きます。

MXは、意図的に180度しか回転しません。このためモニターがかなり前になります。おそらく転倒防止だと思いますが、モニターが同じ重さならLXも同じことです。

※HXも同様の仕組みです

私の場合は、自己責任でグロメットマウントにして台を90度横にしました。これでストレスゼロになりました。

-オススメアイテム

© 2021 PCまなぶ