マラソン必須アイテム GARMIN ForeAthlete 235J

4年前の記事を、今の機種にアップデートしました。

 

マラソンをするときの必須アイテムがGARMIN (ガーミン)のGPSウォッチです。

これがないと、何キロ走ったかすらわからず、トレーニングも出来ません。

また、大会時は、これがないと、走っているペースがわからず迷います。

今は、GARMIN ForeAthlete 235J がオススメです。

Garmin(ガーミン)とは

ガーミンはアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。ランニングウォッチでは、GPSなどを利用した距離の計測が重要になります。使いやすさと精度の高さからトップクラスのシェアを誇ります。

ランニングウォッチでできること(共通)

  • 走った距離
  • 走った時間
  • ペースをリアルタイムで表示
  • 1kmごとのラップ表示
  • パソコンやスマホで走った場所やペースの確認
  • 50m完全防水

20140705r24

パソコンに接続することで、走った場所を確認できます。大会で走ったあと見ると結構、感動します。

20141217r71

ForeAthlete 35J

一番下のグレードです。GPSがついています。

オススメグレード ForeAthlete 235J

上記の機種に加えて正確な心拍数が測定できます。心拍数から以下のことも測定できます。

  • VO2max(最大酸素摂取量)の測定
  • リカバリーアドバイザー

VO2max(最大酸素摂取量)の測定

運動中に体内に摂取される酸素の単位時間当たりの最大値。一般が40~45ぐらいらしい。1分間、1kgあたりとのことで体重も考慮されています。

20150105r35

ハーフは、1時間51分がベストだし、大きな差があります。体重さえ減らせば狙えそうですが...

20150105r36

リカバリーアドバイザー

地味に嬉しいです。ハーフを走り終えると48時間ぐらいは、ハードなトレーニングを控えましょうと教えてくれます。

20150105r49

上位グレード735XTJ

加速度センサーが別途付属しています。腰につけることにより上下運動幅、地面接地時間などがわかります。

ランニングダイナミクスとは

マラソン上級者に必要な機能です。もっと上のグレードで計測することが出来ます。

  • 上下運動幅
  • ピッチ
  • 地面接地時間
  • 平均ストライド幅(m)
    ※スマホ・パソコンのみ

最上位グレード

さらに詳細な分析ができるようです。

まとめ:マラソンの必須アイテム

235J さえあれば、マラソンを続けることができます。あとは、ご自身がどれだけ、こだわりを持っているかによるかと思います。

マラソンをすると結構感動します。走ることは、大変なことばかりですが、そのリターンも、大きいと思います。

関連項目

奥川健康マラソンも26ページ書いてあります。いい本です。このシリーズは、モチベーションを高めるのに役立ちました。

まんぷくローカルマラソン旅たかぎなおこ メディアファクトリー 2013-03-15
売り上げランキング : 18039

by ヨメレバ

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:3 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加