ハードウェア

レビュー マニア向SSD!いよいよ10GB/s 越え!Gen 5 NVMe CSSD-M2M2TPG5NFZ CFD Gaming PG5NFZ シリーズ

Intel 第12世代以降、Ryzen 7000シリーズからGen 5対応になります。

マザーボードがPCIe 5.0対応M.2スロットを採用しているか否かがポイントになります。

Intel 第12世代・第13世代のM.2スロットは、Gen4までのよう。Ryzen 7000シリーズが必須か。

CSSD-M2M1TPG5NFZが11月に発売予定でしたが、Micron「3D TLC B58R」の供給が延期していることから発売日も延期していました。

性能は私の期待通りですが、他がダメダメです。

CSSD-M2M2TPG5NFZ CrystalDiskMark ベンチマークの結果 CFD Gaming PG5NFZ

以下はSAMSUNG 990 PRO。次世代にふさわしくCFD Gaming PG5NFZ シリーズの性能は良いが、SAMSUNG 990 PROの方が扱いやすくオススメ。発熱量が少ない。

オススメポイント

メリットは、ほとんどありません(笑)。

  • 早くGen5を体験できる
  • 速度はトップクラス10GB/s
  • ランダムアクセスも速い

イマイチポイント

体感できるほどのメリットは少なく、対して致命的に近いデメリットが沢山あります(笑)。

  • ヒートシンクとSSDは固定されており、剥がした場合は保証対象外
  • ファン音が、とんでもなくウルサイ
    この騒音で我慢できる人はいないと思う...。うるさすぎて職場では使えない。
    耳障りな高音が最悪。
    近くで45db。1m離れても40db。音の大きさよりも高音よりで心地よくない。
  • 爆熱仕様。扱いにくいSSD
  • BIOSをアップデートしないとGen4の速度しか出なかった
    ※そんな情報どこにもないぞ(怒)
  • ごく一部のマザーボードの一部のスロットしかGen5をサポートしない
  • Gen5が動くマザーボードはとても高価
  • 電源コードが必須
    ※大きく書いとけ(怒)
  • マザーボードとファンケースが干渉する可能性あり
  • サーマルペーストの販売がない
    ※CPUグリスとサーマルパットの中間のようなもの
    商売として販売すべきだと思う
  • 価格が高い
    ↑これはしゃーない

保証外でもヒートシンク交換

この騒音に耐えられる人はほとんどいない。よって高性能なサーマルパッドに交換して、6cmファンの風をあてることが賢明。最大25.4dBAとのことなのでいいかもしれない。

発売は2023年1月28日ですが、初回入荷分は僅かで当面は品薄になるとのことです。

Yahoo!ショッピングで買うことができました。

M.2の電源かと思いきや別電源が必須です。接続し忘れると故障の原因になるとのことです。
SATA電源かペリフェラル電源(4ピン)が必須です。配線が煩雑でみっともない。

ゆたぷろ』HPが個性的で買うのを躊躇しましたが、とてもいい方でした。

SSDのパフォーマンスが上手くでなくて、メールをしましたが、素早い対応。適切な回答でした。我ながら良いお店で買えたと思う。

ファン一体型で筐体を選びます。

ヒートシンクの熱が放散されるようにPCケース内のエアフローには十分気を付ける必要があります。

ヒートシンクとSSDは固定されており、剥がした場合は保証対象外となります。要注意です。
ヒートシンクとSSDとの熱伝導性能を高めるため、サーマルパッドではなくサーマルペースト(熱伝導性シリコン)を採用しています。CPUのグリスとは異なる物なので、一度ははがすと元に戻せません。もとに戻すためにサーマルペーストが売っているといいのですが...

コントローラはPhison「PS5026-E26」です。

CSSD-M2M1TPG5NFZ(1TB)(2023年1月下旬予定)
CSSD-M2M2TPG5NFZ(2TB)(2022年12月下旬~2023年1月上旬予定)

アーク | ヨドバシ

CSSD-M2M4TPG5NFZ(4TB)(発売日未定)

CFD Gaming PG5NFZ シリーズ M.2接続 SSD 4TB | CFD販売株式会社 CFD Sales INC.

Z690 PG Velocitaは、M.2スロットがPCIe 5.0に対応しています。

今までSSDに関してはGen 5対応の物がありませんでした。

コントローラーは、Phison PS5026-E26です。

最大読み込み速度12,457MB/s、最大書き込み速度10,023MB/s

CSSD-M2M2TPG5NFZとは違います。

-ハードウェア