パワーユーザーの必需品!複数PCの切替に便利なInateck HB4009

パソコンが身近になった今、パソコンやAndroidを複数台もっている方も多いでしょう。
1人で複数台の端末を持っていると、1組のキーボードとマウスで2台のパソコンを操作したりファイルを共有したくなります。

簡単に実現できるようになりました。早速ためしてみましょう。

20150518r74

接続イメージ

20150518r70

Inateck HB4009で出来ること

色々で出来て便利です。

  • パソコンでUSBハブとして使う
  • AndroidやパソコンなどのタブレットでUSBハブとして使う(OTGとHUB機能)
  • 一つのキーボード&マウスで複数パソコンを操作する
    クリップボードの共有も可能
  • パソコン間でのファイル転送

パッケージから

小さなパッケージです。

20150518r71

「3ポート HUB」、「パソコン間で連携するためのUSBケーブル」、「OTGコネクタ」の3つが入っています。

20150518r72

パソコンでUSBハブとして使う

ノートパソコンでUSBハブとして使ってみましょう。

20150518r73

すると、単なるUSBハブだけではなく、CD-ROMドライブとしても認識されていることがわかります。このCD-ROMドライブ内には、2台のパソコンの操作に必要なソフトウェアが入っています。

20150518r74

パソコンなどのタブレットでUSBハブとして使う(OTGとHUB機能)

OTGの変換ケーブルが付属しています。小型タブレットだと、USB端子がなく代わりにMicro USBがります。そこのMicro USB端子をUSBに変換して使用します。

CD-ROMドライブがきちんと認識しています。次のステップのためインストールしておきましょう。(方法は、つぎの見出しで)

20150518r83

本体に付属しているOTG変換は、一般に販売されているものとほぼ同じコネクタです。自分でOTGの給電機能があるものを別途準備すれば、MiixでもThinkpatでも給電しながら使うことができます。

詳しくは、「Miix 2 8 充電しながらUSB機器を使用する【ケーブルタイプ編】」または、「ついに出来た!Thinkpad 8へのOTG給電」を参照ください。

20150518r85

一つのキーボード&マウスで複数パソコンを操作する

一つのキーボード&マウスで複数パソコンを操作するには、1回だけインストールする必要があります。CD-ROMドライブを右クリックし、「メディアからのプログラムのインストール/実行」をクリックします。

20150518r75

しばらく待つと以下のような画面が表示されサービスとして登録されます。サービスとは、ログインしただけで自動的に実行されるプログラムのことです。

20150518r76

設定変更もできる

通知領域から、設定ができます。「▲」をクリックし、Mac KM Linkのアイコンをクリックします。

そして「設定」をクリックです。

20150518r81

好みでカスタマイズすると良いでしょう。

尚、「マウスカーソルの移動方向」は、カスタマイズ必須です。「ホストPCモニターが[右側]」でない場合は、変更してください。

20150518r78

余談ですが、先ほどのメニューで「終了」を選ぶとアンインストールもできます。

20150518r79

共有が不要になったらアンインストールしましょう。

20150518r80

あとは、パソコン同士をケーブルで結んでください。

20150518r74

パソコン間でのファイル転送

パソコン間のファイルの転送は、「GO!Bridge」を使います。

20150518r86

すると相手のパソコンのフォルダーが見えます。あとは、ドラックなどをしてファイルをコピーします。

フォルダーをダブルクリックするとフォルダーの内容を確認できますし、右クリックの新規でフォルダーを作ることもできます。

20150518r87

 

まとめ:お手軽共有

本製品を使えば、ネットワークが使えない環境でも使うことができます。

また、クリップボードまで共有できるなど、使い勝手もかなり良いです。

今回は、時間の関係でWindowsのみでしたが、Androidでも試します。

Macもやってみたいなぁ...

 

関連URL

【詳細レビュー】Inateck 2.5インチ SB3.0 HDD/SSDケース FEU3NS-1

デバック用: FB:0 TW:2 Po:4 B:2 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加