【Android編】複数PCの切替に便利なInateck HB4009

世の中の標準機器がデスクトップパソコンからノートパソコンに変わり、今ではタブレットやスマートフォンへ変わることが確実視されています。

iPhone系も使って楽しいですが、価格面やレパートリーの多さで有力なのがAndroidタブレットやスマートフォンです。

Inateck HB4009さえあれば、パソコンのキーボードやマウス経由で操作ができます。

キーボードとマウスで操作するだけなら、OTGケーブルとハブがあれば出来るのですが、手持ちのノートパソコンでも操作が出来ることがポイントです。

早速試してみましょう。

今回試したのは、Xperia Z3 Compactとの接続

20150518r86

Inateck HB4009で出来ること

色々で出来て便利です。

  • パソコンやタブレットでUSBハブとして使う
  • AndroidでUSBハブとして使う(OTGとHUB機能)
  • 一つのキーボード&マウスで複数の端末を操作する
  • Androidとパソコン間でのファイル転送

パッケージから

小さなパッケージです。

20150518r71

「3ポート HUB」、「パソコン間で連携するためのUSBケーブル」、「OTGコネクタ」の3つが入っています。

20150518r72

AndroidでUSBハブとして使う(OTGとHUB機能)

AndroidでUSBハブとして使ってみましょう。これでUSBマウス・キーボードやSDカードリーダーを接続できます。

20150518r88

一つのキーボード&マウスで複数の端末を操作する

一つのキーボード&マウスで複数パソコンを操作するには、1回だけインストールする必要があります。パソコンの場合は、「複数PCの切替に便利なInateck HB4009 PCまなぶ」を参照ください。

Androidの場合は、アプリケーションをインストールします。

セキュティの提供元不明のアプリを事前に解除

今回のアプリは、残念なことにGoogle Playでは提供されていません。Google Play以外からインストールするため、そのままではエラーではじかれます。

事前に解除しましょう。

20150518r90

アプリのインストール。QRコードから読んでダウンロード⇒インストールしてください。

20150518r88

起動すると以下の画面が表示されますが、サービスのため(Linuxベースだからデーモンかな)起動不要です。

20150518r91

OTGコネクタをもうひとつ準備することで、タブレット同士連携することも可能です。

20150518r86

切替は、[Alt]+[S]またはマウスの中ボタン

Androidの切替は、マウスカーソルの左右で出来ません。面倒ですが、[Alt]+[S]などで切り替えましょう。

Androidアプリの完成度はイマイチ?

Nexus 7で利用できなかったり、Android側から[Alt]+[S]で切り替えられないなど、安定度はイマイチと判断しました。また、クリップボード共有もありません。改善されることに期待します。

Androidとパソコン間でのファイル転送

Androidとパソコン間のファイルの転送は、「GO!Bridge」を使います。ファイル転送は、パソコンと同様に快適です。

20150518r87

まとめ:お手軽共有&USB活用

Windowsと違ってクリップボード共有ができなく、画面の移動も直感的ではありません。この点に関しては、ソフトウェアの改善を期待しましょう。

Androidとしての用途は、以下の3つです。

  • OTGとハブがついていること
  • ファイルの共有が楽なこと
  • マウスとキーボードの切替ができる

パソコンからAndroidの画面へ直接入力できて結構楽しいです。

 

 

関連URL

【詳細レビュー】Inateck 2.5インチ SB3.0 HDD/SSDケース FEU3NS-1

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加