iPhone・iPadをダークモードにして壁紙も変更する

iOS13の最大のメリットと言えばダークモードではないでしょうか。

ダークモードにすることで目の疲れを低減し、バッテリーの消費を少なくします。

Mac → Windows → Android → iOSと対応したことでメジャーな全OSが対応したことになります。

それぞれの記事を最後の関連URLに記載しました。

 

早速本題から解決しましょう。

iPhone・iPadをダークモードにする方法

2つの方法があります。

「設定」→「画面表示と明るさ」→「ダーク」

 

「設定」をタップします。

 

「画面表示と明るさ」をタップします。

 

ダークをタップします。

 

iPadも同様です。

 

コントロールセンター → 明るさ長押し

右上を下へスライドして、コントロールセンターを表示します。

 

明るさのマークを長押しします。

 

ダークモードをタップし、「オン」になっていることを確認します。

 

時間によって変える方法

「設定」の「画面表示と明るさ」をタップし、自動をオンにし「オプション」をタップします。

 

「カスタムスケージュール」をタップすると細かな時間を設定できます。

下の例だと7時から22時までライトモードです。

 

壁紙も変えないとイマイチ

ダークモードにしただけだと、イマイチです。何か物足りない。

 

そこで壁紙もダークモードに対応したものに修正しました。

 

壁紙の変更方法

iPhoneも設定方法が同じです。

「壁紙」を選択し、「壁紙を選択」をクリックします。

 

「静止画」をタップします。

 

ポケモンのようなマークがあるとダークモードに対応しています。

タップします。

 

「設定」をタップした後に「両方に設定」を選択します。

 

以上でいい感じになりました。

まとめ:ダークモードを活用して目の疲れを低減しよう

慣れや好みもあるかと思いますが、ダークモードの方が電池の減りが少ないことは確かです。
※ELディスプレイ限定

一般的にダークモードの方が光源が少ないため、目の疲れも少ないです。

積極的に活用しましょう。

関連URL:ダークモードにする方法(全OS)

macOS Mojave(モハベ)で「ライトモード」と「ダークモード」を切替える

 

Windows 10 エクスプローラーのダークモードがカッコ良くなった

 

Androidスマホをダークテーマ(ダークモード)にする

デバック用: FB:1 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加