3D TouchがないiPhone 11でカーソルを自由自在に移動し文字列を選択する方法

ついにiPhone 11シリーズから3D Touchが無くなりました。

今までは、3D Touchタッチのおかげで、スムーズなカーソル移動ができていました。

今回は、カーソルの移動と文字列の選択を中心に伝えます。

カーソルを自由に動かす方法(iOS13から)

iOS13からは、直接カーソルを自由自在にドラックできるようになりました。

カーソルに指をおきます。

 

そして左右上下に動かすと...

 

なんとカーソルがついてきます。超便利!

 

カーソルを自由に動かす方法(iOS12から)

OS12からスペースキーを長押しすることで、カーソルを自由自在に動かすことができます。範囲選択が便利なので知っていると良いでしょう。

3D Touchを使わないと出来なかったことが、iPadを含むすべての端末で楽に出来るようになります。

また、ちょっとした工夫で、文字選択も自由自在にできます。

スペースキーを表示するために画面の適当な所をタップします。

スペースキーを長押しします。

 

あとは、押したままの状態で上下左右に動かすことで、任意の場所にカーソルを移動できます。

 

自由自在に範囲選択する方法(iOS13でも有効)

先ほどの方法で選択したい場所にドラッグします。

もう一本の指で、何処でもよいので押します。

 

選択モードになるので、あとは選択先のところをドラッグします。

 

素早く単語を選択する方法(タブルタップ)

タブルタップとは、いわゆる「トントン」

日本語との相性が悪くて、期待したよりも短い単語になりがちです。

 

素早く段落を選択する方法(トリプルタップ)

トリプルタップとは、いわゆる「トントントン」

段落を丸ごとコピーしたい時に有効です。

 

編集メニュー(戻る、カット、コピー、ペースト、進む)を表示(3本指タップ)

パソコンでお馴染みの「戻る」・「進む」を表示できます。

 

ベットチャレンジします。

  • 3本指で2回ピンチクローズ:カット
  • 3本指でピンチクローズ:コピー
  • 3本指でピンチオープン:ペースト

まとめ:iPadでも使える便利機能

今まではiPhone 5sとSEにとって、必須機能でしたが、iPhone 11でも同様になりました。

さらにiOS13からは、カーソルを直接ドラッグできます。

ぜひ、使いこなしてくださいね!

デバック用: FB:5 TW:6 Po:0 B:2 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 6  このエントリーをはてなブックマークに追加