iPhoneを使いこなすためにiPadで「ヒント」と「ブック」アプリを活用すべし

iPhoneやiPadを使いこなしたい方は多いでしょう。

「ヒント」や「ブック」アプリを活用することで無料で詳しくなることができます。

iOS標準の「ヒント」アプリが便利

iPhoneでは標準でヒントアプリがインストールされています。

私だけかもしれませんが、2ページ目の便利ツールの中に「ヒント」アプリが入っています。

 

「ヒント」アプリをタップします。

 

便利機能や新機能を知ることができます。

 

iPadでも同様に使え、iPhoneより閲覧性が良い

同様にiPadでも「ヒント」アプリを使うことができます。残念ながらMacにはありません。

iPhoneと違って3ページ目に普通にありました。

 

iPhoneと同じですが、閲覧性はiPadに軍配があがります。

 

iPad版は、大画面で見やすいです。

 

iPhone Xは、縦長のためスクロールが少なく参照できます。

 

注意点:iPhoneにしかないアプリは、iPadで参照できない

わずかですが、iPhoneでないと出来なに機能があります。

iPhone Xでは新機能が10個紹介されていますが、iPadだと9個です。

 

ブックアプリで便利な機能が沢山紹介されている

iPhoneについてのすべては、ユーザガイドに記載されています。ブックストアで入手できることは、ヒントでないと知ることが難しいです。

ブックストアに移動して入手しましょう。

 

同様にiPadでもマニュアルが準備されています。ブックストアに移動して入手しましょう。

 

一度入手してしまえば、「ブック」アプリで参照できます。

 

iPhoneでマニュアルを手にいれれば、iPadで同様の操作で読むことができます。

 

iPhoneで読むことができますが、閲覧性はiPadが上です。

まとめ:iPadを活用することで閲覧性が向上

iPhoneの使い方を詳しくなりたい場合は、「ヒント」と「ブック」アプリが便利です。

iPadで見ることで効率よく閲覧できます。

興味のある方は、iPadで活用ください。

デバック用: FB:0 TW:3 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加