ハードウェア

M.2のネジを無くした場合の対処方法について

2019年7月に執筆しました。ほぼ全てのマザーボードに使える後継の製品が発売したので修正しました。

 

M.2のネジは、無くしやすいです。

 

私の場合は、ネジマニアで、予備として備蓄しています。

 

 

233円とお安いので、万が一に備えて持っていても良いです。

 

M.2を差し込む時の土台も無くしやすいです。

様々な種類がありますが、M.2のネジと同じ太さなら、このセットで解決です。

CA03(SST-CA03)からCA04(SST-CA04)に変わり、ほぼ全てのマザーボードに対応できるようになりました。

 

まとめ:SSDからM.2ヘ

SATAが流行したときは、SATAケーブルが不足しがちです。

今回は、SSDからM.2変わったことにより、ケーブルが不要になりました。

 

M.2のネジは、無くしやすいので、予め持っていると安心です。

関連URL

M.2にカードを取り付ける方法

-ハードウェア
-

© 2020 PCまなぶ