M.2のネジを無くした場合の対処方法について

M.2のネジは、無くしやすいです。

 

私の場合は、ネジマニアで、予備として備蓄しています。

 

 

233円とお安いので、万が一に備えて持っていても良いです。

 

M.2を差し込む時の土台も無くしやすいです。

様々な種類がありますが、M.2のネジと同じ太さなら、このセットで解決です。

 

まとめ:SSDからM.2ヘ

SATAが流行したときは、SATAケーブルが不足しがちです。

今回は、SSDからM.2変わったことにより、ケーブルが不要になりました。

 

ケーブルガ不要になりましたが、今後はネジの紛失が多くなったため、予備ネジを持ってた方が良いかもしれません。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加