Mac用にインストールUSBを作成する

Macを使っている方に必ず実施して欲しいのがインストール用USBを作成すること。

インストール用USBを作成することによってSSD化・初期化・トラブル時の復旧ができるようになります。

私も早速作成してHDDからSSD化を実現しました。

SSD化の第一歩としてインストールUSBを作成してみましょう。

実施方法

Apple社のHPに明記されています。

macOS の起動可能なインストーラを作成する方法』を実施するだけです。

サードパーティーの作成アプリケーションを使う方法もありますが、正規の方法で十分に簡単です。

  1. App Store から macOS をダウンロードする
  2. ターミナルで 'createinstallmedia' コマンドを使う
  3. 起動可能なインストーラを使う

STEP1:App Store から macOS をダウンロードする

App Store から macOS をダウンロードします。

「App Store」をクリックします。

 

「High Sierra」で検索をします。「macOS High Sierra」右の「ダウンロード」をクリックしダウンロードします。

 

macOS インストーラが開いたら、インストールを続けずに、そのまま終了します。

 

インストーラは「アプリケーション」フォルダにあります。「インストール」という名前が付いた単独のファイル「macOS High Sierra インストール」です。

 

STEP2:ターミナルで 'createinstallmedia' コマンドを使う

容量が12GB以上のものを準備します。16GBのUSBフラッシュメモリが良いでしょう。できればUSB3対応の物だと読み書き速度が速くて良いです。

ターミナルを開きます。

ターミナルは、「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります。

 

「ターミナル」をクリックして起動します。

以下のいずれかのコマンドをターミナルに入力またはペーストします。

いずれも、インストーラが「アプリケーション」フォルダにあり、ボリュームの名前が「MyVolume」であるという前提になっています。ボリュームの名前が違う場合は、 MyVolume を適宜置き換えてください。

sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/MyVolume --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app

 

以下のような例なら、「MyVolume」が「Transend」に置き換わります。

sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Transend --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app

文字列をペーストしてから「MyVolume」を「Transend」に変更します。

 

ログインパスワードを入力してエンターキーを押した後、「Y」エンターキーを押します。

以上で起動するUSBを作成できました。

 

Optionキーを押しながら起動するとUSBの起動を確かめることができます。

 

USBからの起動が確認できました。あとは、任意の操作行います。

まとめ:いろんな操作の登竜門

Windowsと違ってリカバリーするためのソフトウェアがディスクの中にないため、自分で作る必要があります。

トラブルが発生する前に作ってしまいましょう。

SSD化する際にも必要な操作です。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加