Mac mini 2018実機テスト(ベンチマーク編)

Mac mini 2018 i7 32GB 1TBモデルを購入したため、ベンチマークを実施しました。

  • SSDは超高速
  • CPUもトップクラス
  • iGPUはそこそこ

SSD速度テスト

MacでのSSD速度テストと言えば「BlackMagic Disk Speed Test」が有名です。

無料で速度測定ができます。

「App Store」にあります。

 

「BlackMagic Disk Speed Test」を入手しました。

 

「START」を押すだけのシンプルなテストです。

 

通常のSATAタイプのSSDより5倍以上早い驚異的な数字がでました。

SSDの中でも高価な部品を使っているだけあります。

 

CPUテスト

CPUテストと言えば、Geekbench4がメジャーです。

Geekbench4は、有料の1200円のサービスです。複数のOSで動作します。Mac、iOSデバイス、PC、Androidで動作します。

ベンチマーク結果を他のコンピュータや他のユーザーと比較することができます。

 

操作は、とてもシンプルです。

「Run CPU Benchmark」を押すだけです。

 

単体で見ても良くわからないので、他と比較する必要があります。

 

いろんなサイトでまとめられています。

Mac Benchmarks - Geekbench Browser』で確認しましょう。

 

シングルコアの結果です。2位でした。

 

マルチスコアの結果です。4位でした。

 

GPUテスト

Cinebench R15が定評があります。

Windows とMacの両方で動きます。とてもシンプルでRunボタンを押すだけです。

Cinebench - MAXON | 3D FOR THE REAL WORLD

こちらは、macOSとWindowsで動きます。

 

こちらもRunボタンを押すだけのシンプル操作です。

 

iGPUかeGPUの選択しかありません。今回はiGPUのため、45.52という控えめな数値です。

内蔵GPUでもストレスなく4Kをトリプルモニターで出力きます。

GPUの恩恵は意外に少なく、3Dゲームをするか「Adobe Premiere Pro CC」を使って4K出力しない限り、あまり効果がありません。

 

Windows i7 6700K GTX1060の結果です。117.94と2.6倍の差がでました。

 

まとめ:CPU・SSDは最高峰!iGPUはそこそこ

改めて認識したのがCPUとSSDが最高峰であること。

 

逆に、本体のみのiGPUは、控えめです。そもそもiGPUにeGPUやdGPUの性能を求めるのは酷なこと。

ほとんどの用途であればiGPUで不満がないはずです。

必要であればeGPUを使ってトップクラスのGPUまで増強しましょう。

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加