【Logicool Flow】一つのキーボードとマウスで複数のパソコンを使う

コンピューターの切り替えを初期値ではなく「Ctrlを押しながら端へ移動」すると良かったので追記しました。


OSを問わず複数のパソコンを一つのキーボードとマウスで使う方法はいくつかあります。

今回は、ロジクールのFlow機能を使って実現します。

最大3台のパソコンと一組の「キーボードとマウス」で移動できるようになります。パソコンを超えてコピペもできます。

必要な物

Logicool Flowに対応したキーボードとマウスが必要です。基本的に複数のデバイスに対応したキーボードとマウスが対象になります。

マウス

今回は、昨日紹介したMX Master 2Sで実施しました。良好です。

キーボード

  • Craft(オススメ)
  • K380 Multi-Device Bluetooth Keyboard
  • K780 マルチデバイス Bluetooth® キーボード
  • K370s / K375s Multi-Device

今回は、Craftを試しました。高さや角度が足りないと思いましたが、1週間ぐらい使ったら慣れました。

実施方法

両方のパソコンに『Logicool Options』をインストールします。

Macの使い勝手も良好でした。

 

すぐに認識しました。

キーボード(Craft)もマウス(MX Master 2S)も3台まで認識できるため、上手く登録すると良いでしょう。

 

あとは、Flowの部分を設定します。

まとめ:複数端末を持っているなら試す価値あり

3台までのパソコンを一つのマウスとキーボードで操作できるようになります。

興味のある方は、ぜひお試しください。

Craft(キーボード)

MX Master 2S(マウス)

「コンピュータ間で切り替え」は「Ctrlを押しながら端へ移動」がベスト

当初、初期値で使っていました。初期値とは「端へ移動」でコンピュータが切り替わるものでした。

意図せず、コンピュータが変わってしまりストレスでした。

「Ctrlを押しながら端へ移動」に変更して解決しました。

こっちの方がいいですよ!お試しあれ。

関連URL

WindowsからMacを操作する方法

WindowsからMacをネットワーク経由で操作する。(VNC編)

MacからWindowsを操作する方法

リモートディスクトップ編

デバック用: FB:6 TW:2 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加