Mac mini 2018の購入すべきCPU・メモリ数・SSD容量について

私ごとですが11月12日午後にMac mini 2018を購入しました。

到着は、1週間後です。海外から送付されてきます。

CPU・メモリ・SSDの選択で悩む

考えに考えました。一般的なデスクトップパソコンと違ってCPU・SSDが変更できないためです。メモリ交換をすると保証が無くなります。

Macbook Proも視野に入れて考えた末に以下の構成になりました。メモリは、あとから変更することにしました。

  • CPU i7
  • メモリ 8GB➡︎32GB
  • SSD 1TB

Mac miniに最適なCPUとは

Mac miniの選択は、以下のようになっています。

i3-8100 i5-8500 i7-8700
価格差 - +11,000円 +33,000円
コア / スレッド数 4 / 4 6 / 6 6 / 12
キャッシュ 6MB 9MB 12MB
動作クロック 3.6GHz 3.0GHz 3.2GHz
ブーストクロック - 4.1GHz 4.6GHz
メモリ対応 DDR4-2400 DDR4-2666 DDR4-2666
TDP 65W 65W 65W
内蔵グラフィックス UHD Graphics 630 UHD Graphics 630 UHD Graphics 630
シングルコアスコア 4378 4830 5303
マルチコアスコア 12532 18251 23015

※i3からi5に変更することはできませんがi3⇒i7が+3.3万円。i5⇒i7が+2.2万円であることからi3⇒i5は、1.1万円と算出しました

Web・Office利用ならi3でも十分に高速

写真・動画編集をしなければi3モデルでも十分に高速です。

発売したばかりのMacBook Air 2018との比較です。

MacBook Air
2018
Mac mini
2018
CPU i5-8210Y i3-8100
価格 134,800円 89,800円
コア / スレッド数 2/4 4 / 4
動作クロック 1.6GHz 3.6GHz
ブーストクロック 3.60 GHz -
メモリ対応 2,133MHz 2,400MHz
TDP 7W 65W
内蔵グラフィックス Intel UHD Graphics 617 UHD Graphics 630
シングルコアスコア 4001 4378
マルチコアスコア 7441 12532

画像・動画編集をするならi7

静止画・動画編集ソフトは、マルチコアスコアで変わります。

i3とi5は、1.5倍・i3とi7は、2倍処理能力が違います。

このぐらい処理能力が違えば、精神的な満足度を考えてもi7が良いでしょう。

Mac miniに最適なメモリ容量

いろんな視点から力説しましょう。

永遠のテーマであるメモリの必要数

メモリは、あればあるだけ良いですが、おそらく32GBから64GBにしても体感速度の違いは、ほとんどないと思います。逆に8GBから16GBにした時の差は大きいです。

16GBから32GBにする恩恵は、環境(アプリ)によります。

  • Office・Web閲覧のみ 8GB
  • 写真・動画編集 16GB
  • 動画・画像編集など複数アプリ同時利用 24GB
    ※24GBのメモリはないので32GB

GPUにもメモリを使う

Mac mini 2018は、CPU内蔵のGPUを使います。CPU内蔵のGPUは、メモリを使用します。4Kだと以下のような感じです。Photoshopに書いてあったと思います。

  • 4Kモニタ1台⇒+2GB
  • 4K2モニタ2台+4GB
  • 4K3モニタ3台+6GB

よって、私のような4Kディスプレイを3台つないで使う人だと16GBは、少ないです。32GB(+66,000円)が良いでしょう。

逆にほとんどの方は、16GB(+22,000)円で良いでしょう。

メモリは、あとから増やせる

今回のMacは、あとからメモリを増やすことができます。

i5とi7は、DDR4-2666 SO-DIMMです。

私は、32GBを38,858円で購入しました。供給過多のため12月はさらに1・2割下がることでしょう。

標準で入っているメモリ(8GB)は、1万円相当の価値があるため、自己責任になりますが、3万円ほどお得に交換できます。12月末まで待つことができれば、さらにお得です。(たぶん)

Mac miniに最適なSSD容量

必要容量は、人によって大きく異なります。

写真や動画を、どのくらいパソコンに入れるかによって異なるからです。

写真や動画をあまり入れないなら256GB程度で良いような気がします。

私のように多めに入れるなら1TBぐらいは欲しいところです。

 

将来的には、Thunderbolt 3によるSSDが流行すると思います。

以下の製品なら、読み出し/書き込み速度は 2,800/2,300 MB/秒です。

 

安価な物だと以下の通りです。

読込:1,055.5MB/s。書込:1,010.6MB/sです。

ランダムアクセスは、SATAタイプのSSDと同等クラスの性能です。

詳しくは、『SATAのSSDより2倍早い!Mac mini 2018にSSDを外付けする』を参照ください。

 

SATAタイプのSSDだとさらに安く出来ます。

UASPに対応していると、シーケンシャル速度で同等程度、 ランダム速度は1/2程度の性能はでます。

逆にUASPに対応していないと8倍ほど遅くなるので要注意。

必ずUASP対応を選んでください。

まとめ:i3かi7の2選

Macデビューならi3のベースモデルがオススメです。

ノートパソコンより高速で、メモリやSSDをあとから増強できます。

 

ほんの少し強化したいならi5のベースモデルも良いでしょう。

少し高くなりますが、SSDも倍増します。

 

私のようにプロとして使うならi7 + 32GB + 1TBでしょう。

30万円コースになりますが、Macなら末永く使うことができます。

また、eGPUを使って、さらなる高みを目指すこともできます。

デバック用: FB:2 TW:2 Po:2 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加