Mac mini 2018(Mojave)の初期設定について

Mac mini 2018を購入しました。

スペースグレイは、iPhoneなどでも一般的なので大したことないと思っていましたが、実機をみると独自の光沢がかっこいいです。

今回は、Mac mini 2018(Mojave)の初期設定について記載します。

ほんの一例となりますので、ご自分の環境に合わせてカスタマイズしてください。

 

電源を入れると、「ようこそ」画面が表示されます。

「続ける」をクリックします。

 

キーボード配列は、「日本語」

キーボードの操作に慣れていますか?「はい」を押します。

※「いいえ」を押すとソフトウェアキーボードが表示されます。

入力方法は、「ローマ字」を選択します。

「続ける」をクリックします。

 

プライバシーポリシーの表示です。

「続ける」をクリックします。

 

Apple IDを入力し、「続ける」をクリックします。

尚、「@」は、Mac配列のため[Shift]+[2]です。

 

パスワードを入力します。

パスワードは、アルファベットの大文字・小文字・数字の3種類の組み合わせです。

 

既にiPhoneを持っている場合には、確認コードが送信されます。

いい加減な住所表示は、「許可する」クリック。
※私は長野市です。

 

番号をMac側に入力します。

 

お好きなオプションを選択して「続ける」を押します。

気分を新たに導入をしたかったので「今は情報を転送しない」で続けました。

 

利用規約です。「同意する」をクリックします。

 

「同意する」をクリックします。

 

アカウント名は、後から変更できません。トラブル回避のため必ず英字で入力しましょう。

あとは任意で入力します。

 

パスワードとクレジットカード情報を記憶するか否か聞いてきます。

便利な反面、リスクもあるので好みになるでしょう。

あとから変更もできると思うので「後で設定」にしました。

「続ける」をクリックします。

 

初期値でおこないました。

「続ける」をクリックです。

 

私は、Dropboxに保存しています。予備クラウドがOneDriveです。

どちらも1TB。合計2TBで契約しています。

iCloudに保存してしまうと、すぐにいっぱいになるので保存しないようにしました。

 

好みで選択しましょう。

ダークだと、光源が少ないので目の負担が少ないと言われています。

ELディスプレイだと消費電力が少なくなります。(ELディスプレイはiPhone X系ぐらい)

好みの外観を選んで「続ける」をタップします。

 

以上で、設定は終了です。

お疲れ様でした。

 

最後にキーボードの設定をして終了です。

「続ける」を押します。

 

左Shiftキーの右側のキーを押します。

 

右Shiftキーの左側のキーを押します。

 

以上で、終了です。この操作で、Mac配列とWindows配列を読み取っていると思われます。

完了で終了です。

まとめ:初期設定は、それほどスマートでない(笑)

iPadの設定はクールなので同様を期待していましたが、そこそこ設定が必要でした。

これからMac mini 2018を使って、いろんな超便利なことをシェアします。

お楽しみに!

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加