その他

水道凍結防止ヒーターの電気代を9割削減!水道凍結防止ヒーター用節電器NEWセーブ90

冬は、水道凍結防止ヒーターを使っています。

 

水道凍結防止ヒーターのコンセントを入れ忘れると、水道が凍って出なくなったり、最悪は破裂をしたります。もし破裂をしたら大きな出費です。

逆にコンセントに指しっぱなしだと、電気代が勿体ないです。

計測したところ、水道凍結防止ヒーター1本あたり20W~30Wくらいです。下は、3本を束ねて計測したところです。

 

0度以下になりそうな時は、手作業でコンセントを入れたり抜いたりしていました。

実は、そんな面倒なことをしなくても、電気代を9割削減することができます。

下の写真のように装置を入れるだけで、自動的に寒い時だけ電源を入れてくれます。

ランプがついていたら通電中です。

 

左から

凍結防止ヒーター用チェッカー 故障か否か確認する装置
1本用 水道凍結防止ヒーター用節電器NEWセーブ90
2本用 水道凍結防止ヒーター用節電器NEWセーブ90
3本用 水道凍結防止ヒーター用節電器NEWセーブ90

 

詳しくは、公式HP『NEWセーブ90』 を見てください。

 

凍結防止ヒーター用チェッカー

 

ESS-T01N(1本用)

  • 定格AC100V/1A
  • 使用可能W数/ヒーター1本100Wまで

ESS-T02N(2本用)

  •  定格AC100V/2A
  •  使用可能W数/ヒーター2本200Wまで

ESS-T03N(3本用)

  •  定格AC100V/3A
  •  使用可能W数/ヒーター3本 300Wまで

 

電気の絶縁、結束などに使われています。耐腐食性に優れ作業がしやすいテープです。

10年は使えるとのこと

基本的に指しっぱなしで良いとのことです。

1年に1回は、チェッカーで動作確認。

機器にかかる費用は、1年あたり2,300円程度なので、電気代を考えてもお得だと思います。

何よりも節電のために外に出る煩雑さがありません。

1年に1回の確認について

基本的に10年間は放置で良いのですが、1年に1回の確認を推奨されています。年初めに以下のように接続するだけで確認ができます。

0度以下の時に確認します。

チェッカーの片方をコンセントに指して、もう片方を凍結防止ヒーターに接続します。

以下のように両方ともランプがついたら大丈夫です。

いくら節約できるか

我が家の場合は、1本25W程度と計算し、10本使っています。

1カ月間の電気量

9割削減できるとすると約4千円の節約です。指しっぱなしはしないので、ここまでの節約にはならないですが、10年使えば十分に節約効果の方が大きいです。

 

装置にかかった費用

購入する時期によって価格が違います。安い時に購入したと想定。

テープ 500円

凍結防止ヒーター用チェッカー 3千円
1本用  3千円
2本用  4.5千円 × 3
3本用  6千円

合計23,000円

 

まとめ:水道凍結防止ヒーターがあるなら利用すべし

これで10年間は、放置して良いです。

※1年に一回のチェックは必要

良い買い物だと思います。

-その他

© 2021 PCまなぶ