Raspberry Pi 4 model B キーボードとマウスをBluetooth接続する

普段は、ロジクールのUnifyingレシーバーを使っています。

設定不要で、汎用的に使えるので便利です。

小さいRaspberry Piだと小さなUNIFINGレシーバーでも大きく感じます。

今回は、UNIFINGレシーバーを使わなくても良いようにBluetooth接続をしましょう。

Raspberry Pi 3でも同様の方法で可能です。

要注意!Raspberry PiのGUIは、Bluetooth LEに非対応

今時、キーボードとマウスの接続なんて簡単にできるだろうと思ったら大間違い(笑)

ペアリングしても使えません。

そこで、Google先生で日本のサイトを見たところ、機器による相性があるとのことです。

なんとなく、エレコムのマウスが大丈夫でロジクールが駄目らしい。

今度は、Google先生で英語のサイトを見ました。

するとBluetooth LE機器が動かないと明記してありました。Bluetooth LEとはBluetooth Low Energyのことで、端末側とデバイス側の双方が対応している必要があります。

ロジクールの新しいBluetooth接続は大抵Bluetooth LEです。省電力機能により稼働時間を大幅に向上させることが出来ます。しかし、端末側のソフトウェアの対応が必要です。

早速、Bluetoothで接続する

今回は、Bluetooth LEのキーボード・マウスでも接続できる方法を記載します。一度設定すれば、再起動してもキーボード・マウスは有効です。

 

接続したいキーボード・マウスのどちらかをペアリングモードにします。スクロールすると、ペアリングモードにしたキーボード・マウスが表示されています。

それぞれのBluetoothアドレスをメモってください。

キーボードのBluetoothアドレスは、「DC:9B:59:C4:D3:9B」でした。

一台一台違うので、自分の 端末で調べてください。

 

マウスのBluetoothアドレスは、「FA:B2:9C:97:77:63」でした。

通常なら、上記の画面の「Pair」ボタンを押せば接続しますが、Bluetooth LEは基本的に駄目な様です。

 

そんな場合は、再度、同じ操作をして上記の画面で「Pair」ボタンを押していない状態のまま、以下のコマンドを入力します。

sudo hciconfig hci0 down
sudo hciconfig hci0 up
sudo bluetoothctl
scan on
pair Bluetoothアドレス

以上で、ペアリングが正常に終了します。

ロジクールの場合は、接続されるまでペアリング(速い点滅)が続きますが、正常に接続できた時点で点滅が消灯に変わります。

 

キーボード・マウスそれぞれ実施すると終了です。

お疲れ様でした。

まとめ:Mac・Windowsに比べて超大変

とても原始的な方法でやっているのがLinuxのいいところかもしれません。

私は、トラブルシューティングが趣味のため、サクっと調べてサクっと解決できました。

※それでも4時間は調べました

 

接続方法については、海外サイトより10倍わかりやすく記載しました。

MACアドレスの確認方法も、海外サイトより100倍簡単です。
※私は、海外サイトの通りやって調べたため、上記より100倍時間をかけてBluetoothアドレスを調べました。そのあと自力で楽な方法を見つけました

関連URL

まとめ 誰でも気軽にできるRaspberry Pi 4 model B

デバック用: FB:2 TW:1 Po:2 B:2 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメント

2020年2月25日5:45 午後 | 大空を自由に舞う小鳥

  • pi4と新調したBluetoothキーボードが繋がらずガッカリしていたところ、こちらの通りやったところ、見事繋がりました。
    本当にありがとうございます。

      2020年2月25日8:08 午後 | 山崎信悟

    • 丁寧にお礼を頂きありがとうございます。

      本件は、海外のサイトから解決方法を調べて
      海外サイトより100倍楽にできる方法を記載したものです。

      トラブルシューティングが趣味なので、お役にたててとても嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です