Raspberry Pi 4でマルチモニターを実現する方法

Raspberry Pi 4の売りとしては、4K 60Hzのデュアルモニターができることです。

 

4K 60Hzを実施する時は、4Kに対応したMicro HDMIケーブルを使ってください。

 

 

私は、ケーブルを大量に持っているため区別するため、安くて視認性が良いものを購入しました。

 

左がMicro HDMI 右がHDMIです。

 

大きさが違います。

 

Type-C側のMicro HDMIがHDMI0です。メインとなるモニターを接続します。

もう一つ隣がHDMI1です。サブモニターを接続します。

あとは電源を入れるだけです。

 

モニターの配置を変更する

画面は、上下にすることも左右にすることもできます。

物理的な場所に合わせて変更しましょう。

設定は、「Screen Configuration」にあります。

 

初期値だと、ミラーリングで、左右のディスプレイで同じ内容が表示されています。

 

HDMI-2を右へドラックします。

 

チェックボタンを押します。

 

10秒以内にOKボタンを押します。

 

以上でマルチモニター表示ができました。

 

また、モニターごとに設定を変えることもできます。

メニューバーの「Configure」から「Screens」をクリック、変更したいモニターを選択し、「解像度」を選択すると、以下のように好きな解像度にできます。

 

リフレッシュレイトの周波数を変えることもできます。

メニューバーの「Configure」から「Screens」をクリック、変更したいモニターを選択し、「Frequency」を選択すると、以下のように好きなリフレッシュレイトにできます。例えば60Hzだと、1秒間に60回画面描画をする意味です。

 

画面を回転することもできます。縦横の組み合わせをするときに有効です。

もう一台の画面を縦長にした方が使い勝手が良い場合もあります。

まとめ:デュアルモニターは快適

デュアルモニターは楽しいのでぜひ体験してください!

わずか$35で、4K デュアルモニターは凄すぎです。

関連URL

まとめ 誰でも気軽にできるRaspberry Pi 4 model B

デバック用: FB:9 TW:0 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 0  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です