Ryzen 9 3950Xの登場により複雑化したCPU事情を整理する

RyzenはTDPとPPTを理解する

メモリは初期値でSPDで操作をし、BIOS設定によってXMPが有効に出来ます。

CPUも同様に設定によってTDP内で動作をするかPPT内で動作をするか設定することが出来ます。

基本的な考え方とすれば、冷却性能が追いつけば、PPT内で動作します。

これ値はBIOS・Ryzen Masterによって設定します。

TDP PPT
Ryzen 9 3950X 105W 142W
Ryzen 9 3900X 105W 142W
Ryzen 7 3800X 105W 142W
Ryzen 7 3700X 65W 88W
Ryzen 5 3600X 95W 128W
Ryzen 5 3600 65W 88W

 

Intelは、TDP PL1・PL2・Tauを理解する

Intelは、TDPを基準にPL1・PL2・Tauがあるが、マザーボードがしたがっていません。BIOS任せです。

性能を十二分に引き出すには、PL1が140Wであることも想定してCPUクーラーをつける必要がります。

BIOSは、初期値でAutoになっており、その値がPL1が140Wになっていることもあります。取り扱いが難しいCPUになっています0。

 

最上位のCPUを基準に考える!CPUが高価になりすぎた

今でこそCore i9・Ryzen 9とありますが、従来ならi7が一般人が買う最高グレードのCPUでした。

Intel帝国がCPU市場を独占していた頃、デスクトップCPUの最上位は、i7であり、CPUの価格は最上位でも3.5万円〜4.5万円と安定していました。しかし、欠点もあり性能が毎年(正確には1.5年)で1割程度しか向上しないことでした。

下の表の価格は、最安価な時を目安に書いています。CPUの価格は、ある程度変動します。

CPU コア数 価格 発売時期 性能
6700k 4コア 3.5万円 2015年 8月 88.8
7700k 4コア 3.5万円 2017年1月 95.6
8700k 6コア 4.0万円 2017年11月 108
9900k 8コア 5.5万円 2018年10月 121
3900x 12コア 6.5万円 2019年7月 123
3950x 16コア 9.9万円 2019年11月 不明

※性能は、『UserBenchmark』のAvg. benchを基準に記載しています

しかし、革命派のAMDは高性能なCPUを2017年3月に提供してIntel帝国をおびやかす存在となりました。そこでIntelがAMDを倒すべく登場したのが、8700kです。CPUコアが1.5倍になったため著しい性能向上です。

性能面で、IntelがAMDの上を行くことになり革命派のAMDを制圧しました。Ryzenが登場しわずか8カ月後のことです。

この聖戦には、欠点もあり、性能が著しく向上はしましたが、価格も比例して上がってしまったことです。

CPUのコア数が増えることは、製造コストが増えることを意味します。

この戦いは、AMDが2019年7月7日にモンスターCPUを提供したためIntelを抑えて圧勝しています。IntelのデスクトップCPUは、今年発売しません。今年はAMDの年となりました。

CPU性能こそコア数が4倍なることで向上しましたが、CPUの価格が3倍近くまで高くなりました。

 

i7を基準に考える!そもそも最上位は不要⁉︎

私の肌感覚では、6700k程度があれば、写真もサクサク編集出来ます。

同じお金を投資するなら、CPUよりもSSDの方が体感差が大きいです。SSDは、SATA接続ではなく、M.2 NVMeを使っています。

i7相当でまとめて見ました。性能が向上しているため価格も高くなっていますが、価格の向上は、性能の割に抑えられてています。

このくらいの価格・性能ならばバランスが良いです。

CPU コア数 価格 発売時期 性能
6700k 4コア 3.5万円 2015年 8月 88.8
7700k 4コア 3.5万円 2017年1月6日 95.6
8700k 6コア 4.0万円 2017年11月2日 108
9700k 8コア 4.6万円 2018年10月20日 113
3700x 8コア 4.3万円 2019年7月7日 113

 

6700kの性能を基準に考える!相当安くてええやん(笑)

6700k程度の性能を考えると以下のようになります。安価なCPUは、6コアです。クロックは抑え気味ですが、CPUの数が6700kに比べて1.5倍のため、性能は6700kを超えます。

特にAMDの3600は、スピードが速く比較的安いため、購入する価値はありそうです。

Ryzenの登場も素晴らしいですが、CPUよりPCIe 4.0対応SSDにするメリットの方が体感速度的に素晴らしいです。価格も1TBで2万円程度と比較的手頃です。

コア数 価格 発売時期 性能
6700k 4コア 3.5万円 2015年 8月 88.8
7700k 4コア 3.5万円 2017年1月6日 95.6
8500 6コア 2.5万円 2017年11月2日 91.3
9400F 6コア 1.8万円 2018年10月20日 91.1
3600 6コア 2.6万円 2019年7月7日 105.0

CPUよりもM.2にこだわるのも良い

Ryzenの登場も素晴らしいですが、CPUよりPCIe 4.0対応SSDにするメリットの方が体感速度的に大きいです。価格も1TBで2万円程度と比較的手頃です。

Intelは、PCIe 4.0に対応していないため、自ずとAMDになります。

市場はデスクトップよりノートパソコンが主流

TDP15Wモデルについて

Intelが第10世代Intel CPUを発売しましたが、TDP15Wを最初に投入しました。

異なる2つのCPUが登場しました。どちらも「Wi-Fi 6」・「Thunderbolt 3」・「Optane Memory H10」に対応しています。

Core i7-10710U Comet Lake 14nm++ 6コア/12スレッド 1.15 GHz

Core i7-1065G7 Ice Lake 10nm 4コア/8スレッド 1.10 GHz

前者は、6コアのパフォーマンスが強み。

後者は、新アーキテクチャ「Sunny Cove」を採用し、内蔵グラフィックス機能が強化されました。

上位モデルでは第11世代「Iris Pro Graphics」が搭載されスムーズな画像描写が可能です。また、AI推論命令セットとAI処理アクセラレーターを搭載したことで消費電力を抑制しながらAI系の処理高速化も実現しています。

しかし、世代が新しくても所詮、TDP15Wです。第9世代のTDP30Wにはかないません。

Apple MacBook Air (2019)は、第8世代 Core i5-8210Y 1.6GHz 2コア  TDP 7Wともっと非力です。

MacBook Pro 13インチ 2019 (2019)下位モデルは、第8世代 Core i5-8257U 1.4GHz 4コア TDP 15Wと2世代も古いです。

TDP30Wモデルについて

MacBook Pro 13インチ 2019 (2019)上位モデルは、第8世代 Intel Core i5-8279U 2.4GHz 4コア TDP 28W 存在するCPUの中では1世代も古いです。

 

TDP45Wモデルについて

MacBook Pro 16インチ 上位モデルは、8コア Core i9 2.3GHz TDP45W

MacBook Pro 16インチ 下位モデルは、6コア Core i7 2.6GHz TDP45W

 

TDP65Wモデルについて

Mac mini 2018が超小型で65Wです。6コア 3.20 GHzです。

私がMacbook 16インチに萌えない理由

MacBook Pro 16インチは確かにすごいと思うのですが、Ryzen 3950xと比べると以下のように違いがあります。

Ryzen 3950xは、16コア 3.5GHz。

Macbook 16インチは、8コア 2.3GHz。

Macbook 16インチを使おうとすると、約40万円の出費

Ryzen 3950xならCPUが税込98,780円だけで実現出来ます。

よって、Mac mini 2018も持っているし、今回はRyzen萌え〜になる予定です。

余談ですが、Mac mini 2018よりも、Ryzen 3600Xの方がサクサクです。

Mac miniに比べると馬鹿でかくお洒落じゃないけど...

まとめ:最上位以外も検討しよう

今回は、CPUの選定を3つの軸で選びました。

もし、6700kや7700kと同じ性能で良ければ、お買い得な製品も多々あります。

幅広い視野の中でベストなCPUを選択しましょう。

関連URL

いよいよ発売!第3世代Ryzen 9 3900Xの登場によりCPUが買い時

デバック用: FB:0 TW:3 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加