第3世代Ryzen 9 3950Xの登場によりCPUが買い時❣

最終的には、Ryzen 9 3950Xにする予定ですが、まずは3600Xを購入しました。

16コアCPUで極める!Ryzen 9 3950Xで小型・超高速Mini-ITXマシンを作る

CPUについて

期待のCPUが9月に発売します。Ryzen 9 3950XとCore i9-9900Kとの戦いに注目です。

 

ゲーミング性能は、Ryzen 9 3900XとCore i9-9900K互角の戦い(ゲームとの相性により優劣あり)。

マルチスレッド性能は、Ryzen 9 3900Xの圧勝の結果になりました。

詳しくは、『Ryzen 9 3900Xの登場により複雑化したCPU事情を整理する』を参照ください。

Ryzen 9 3900X(在庫あり)

Amazon.co.jpの直販があります。

Ryzen 7 3800X(在庫あり)

i7-9700k対抗のRyzen 7 3800Xも買えます!

AMD Ryzen 7 3700X(在庫あり)

AMD Ryzen 5 3600X(在庫あり)

AMD Ryzen 5 3600(在庫あり)

AMD Ryzen 5 3400G(GPU内蔵)

AMD Ryzen 3 3200G(GPU内蔵)

 

「X570」マザーが一斉に発売

新たにPCIe 4.0インターフェイスをサポート

私が持っているのは、Mini-ITXのX570のマザーボードです。

NVMe Gen4 PCIe M.2が発売

PCIe 4.0のM.2が7月7日に発売。シーケンシャルリードで5,000MB/sを実現しています。今までの最速は、970 EVO Plusの3,500 MB/sだったのですが、早くも超えました。

ハイエンドGPU「Radeon RX 5700」が発売

上位グレードのRX5700XTと下位グレードのRadeon RX 5700があります。

Radeon RX 5700は、GeForce RTX 2070と同等。

RadeonRX5700XTは、GeForce RTX 2080に迫る勢いです。

ただ、GeForce の方が良いです。

第3世代RyzenとMini-ITXに最適なビデオカードについて

Core i9-9900Kが55,184円⇒59,800円(税込)

安くなりましたが、59,800円に戻りました。

 

Core i9-9900が登場!56,980円

8コア/16スレッド TDPが65Wです。

Corei7-9700Kが最安47,970円(税込)

さらに安くなること必至です。

 

Corei7-9700が登場!42,980円(税込)

8コア/8スレッド TDPが65Wです。

 

メモリとSSDが半額にまで安くなっています。逆に高値で維持していたのがIntelのCPUです。供給不足が主な要因です。

IntelのCPU生産も夏頃から生産が追い付いてきます。秋には安定供給ができる予定です。

もうすぐ第3世代Ryzenは3950Xが発売します。16コア 32スレッドの恐るべしな内容です。

 

3900Xが59,800円と高価ですが、i9-9900Kが8コア 16スレッドであるこを考えるとお買い得です。

3950Xは、8万5千円程度と予想します。

 

12コア 24スレッドは、最上位ではないため、16コア 32スレッドに比べるとお得な価格設定になっています。

第3世代Ryzenの主なスペック

Ryzen 9 3950X 16コア 32スレッド 3.5 / 4.7 GHz 105W  TDP105W 85,000円(税別)予想

Ryzen 9 3900X 12コア 24スレッド 3.8 / 4.6 GHz 105W  TDP105W 59,800円(税別)

Ryzen 7 3800X 8コア 16スレッド3.9 / 4.5 GHz 105W TDP105W 46,980円(税別)

 

Intelは、値下げで対抗

対するIntelは、値下げでしか対抗できません。i9は15%。i7は10%の割引が期待できます。

Corei9-9900K 8コア 16スレッド 3.6GHz / 5GHz TDP95W

65,000円の15%割引と言えば5万5千円までは期待できそうです。

 

Corei7-9700K 8コア 8スレッド 3.6GHz / 4.6GHz TDP95W

47,000円の15%割引と言えば4万2千円までは期待できそうです。

メモリはDDR4-3600 CL16がベスト

X570メモリは、4400MHzまで対応しています。

Intel CPU関係で普及しているのは、PC4-21300 (DDR4-2666MHz)です。

4400MHzは、価格が高すぎるだけでなく、3600MHzを超えると弊害が出てくるそうです。

参照元

「Ryzen 9 3900X」「Ryzen 7 3700X」レビュー。期待のZen 2は競合に迫るゲーム性能を有し,マルチコア性能では圧倒する - 4Gamer.net

 

既存のメモリを活用するならDDR4-2666MHzです。

新たに慎重するならDDR4-3600MHzが良いでしょう。

Ryzen 第3世代に最適なメモリは3600MHz CL16

半年で半額に!メモリを増設する

2016年4月26日に書いた記事が、今読むと面白かったので加筆しました。

日進月歩の今でもメモリだけは今と同じものが使われています。

※Intelの場合。Ryzenは違います

半年で半額に!メモリを増設する

 

1年間で4割引!Samsung SSD 2TB 970 EVO Plus

Crucial SSD 2TBが54,980円⇒28,069円と、半額ぐらいにまで安くなっています。

夢とロマンが詰まったM.2「Samsung 970 EVO」も随分お安くなりました。ベンチマークを見ても凄まじい結果であり、体感的にも早くなりました。

1年間で4割引!Samsung SSD 2TB 970 EVO Plus

 

第3世代Ryzenに最適なビデオカードについて

詳しくは、『第3世代Ryzenに最適なビデオカード「Super」について』を参照ください。

 

たぶん最小サイズ!コンパクトなITXパソコンを自作する

Mac mini 2018のサイズは、3.6cm × 19.7cm × 19.7cm 容量は 1.39Lです。

負けじと高性能な小型パソコンを作ろと頑張ってみました。

たぶん最小サイズ!コンパクトなITXパソコンを自作する

 

備忘録メモ:AMD CPUクーラーの高さについて

Wraith Spire with RGB LEDが実測約73mm(ヒートシンク部約38mm)

Wraith Stealth」が実測約55mm(同20mm)

まとめ:そろそろCPUも安く

Mini-ITXなら場所をとらないため、沢山作りたくなります。

CPUも安くなったら遊んでみたいです。

関連URL

Ryzen 5 3900Xで12コア超小型・高速Mini-ITXマシンを作る

デバック用: FB:8 TW:5 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 5  このエントリーをはてなブックマークに追加