Ryzen 3000シリーズのエコ モードでTDP105W・95Wが65Wに!

Intel CPUは、Core i9 9900KとCore i9 9900で分かれています。

両者の違いは、TDP95WとTDP65Wです。TDPが大きい方が高速化に有利で、TDPが小さい方が小型化・省電力化に有効です。

前者は、62,800円。後者は、56,689 円です。

対してAMD CPUも、同様に分かれている物が存在ます。

Ryzen 5 3600XとRyzen 5 3600です。

両者の違いは、TDP95WとTDP65Wです。TDPが大きい方が高速化に有利で、TDPが小さい方が小型化・省電力化に有効です。

前者は、30,884円。後者は、24,619円です。

Ryzen 3000シリーズでエコ モードを新たに搭載

Ryzenマスターを使うことにより、TDP105W・95Wが65Wになり、TDP65Wは45Wになります。

44%少ない電力になりますが、トレードオフによりで77%の性能が発揮できるとのことです。

AMDの発表による数値なのでベンチマークで、どこまでの差が出るのかも興味深いところです。

Ryzen 3950Xは、TDP105Wで水冷を推奨しています。Mini ITXのケースだと厳しい現実があります。

もし、エコモードで65Wにすることができれば楽々空冷で十分に冷やすことができます。

 

16コア32スレッド TDP65Wも魅力的

個人的に思うのですが、16コア32スレッド TDP65Wも魅力的です。

無理して、TDP105Wで動かすよりも魅力的だと思います。

まとめ:Ryzenマスターの新バージョンを待つべし

今回の一番のメリットは、無料でダウンロードできるアプリ「Ryzenマスター」を使ってボタン一つでTDP値を変えることができることです。

リスクは、ゼロに近いです。

高速化をしたくなったら、ボタンを押すだけだし、本格的にしたくなったら水冷式のクーラーを集めるだけです。

最初から高価な機器が不要なのは嬉しいです。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です