Mac Dockを一時的に非表示/表示にする

アプリケーションを起動するときにDockは、とても便利ですが邪魔な時も多々あります。

例えばPhotoshopで作業をするときに大切な作業領域がDockに占領されてしまいます。

どのくらいの面積を占有するかを計測して見ました。なんと1割程度も作業領域所が狭くなっていました。

Dockを非表示/表示にする方法

  • [option] + [cmd] + [D]
  • 自動的に非表示/表示にする

Dockがない画面で表示する方法

上記の非表示/表示に加えてマウスカーソルの移動でも可能です。

  • マウスカーソルを画面下※に移動する
    ※Dockが下の場合は、カーソルを下。Dockが左の場合は、カーソルを左。

MacでDockの場所を右か左にする

画面が横長のため左か右にすると、効率が良いです。

MacでDockの場所を使いやすい場所に移動する

 

[option] + [cmd] + [D]で非表示 / 表示

Dockの非表示は、とても簡単で3つのキーを押すだけです。作業領域が1割もアップします。」

 

再表示は、[option] + [cmd] + [D]か、マウスカーソルを下※に押し付けるとDockが表示されます。
※Dockが下の場合は、カーソルを下。Dockが左の場合は、カーソルを左。

 

自動的に非表示/表示にする

自動的に非常にするとDockが表示されなくなり、表示したい場合にはマウスカーソルをDockのある画面端に近づけるか[option] + [cmd] + [D]を押します。

 

Dockを表示し区切りを右クリックします。

 

自動的に非表示するする場合は、「"自動的に非表示"をオンにする」をクリックします。

 

自動的に表示するする場合は、「"自動的に非表示"をオフにする」をクリックします。

 

マウスカーソルをDockのあった画面端に移動する

 

Dockが下に配置している場合の場合

 

 

Dockが左に配置している場合の場合

 

MacでDockの場所を右か左にする

画面が横長のため左か右にすると、効率が良いです。

MacでDockの場所を使いやすい場所に移動する

まとめ:作業領域は出来るだけ広くして使おう

4kモニターなら作業領域が広いので、Dockを表示したままで良いかもしれません。

しかし、モバイルモニターの場合は、狭くなりがちです。

本操作で作業領域を広く使いましょう。

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加