【レビュー】最新のWindows 10 Creators Updateをインストールする

Windows 10製品版をもっている方も多いでしょう。

Intel 第7世代CPUやAMDのRYZENが登場したことにより既存のWindows 10ライセンスを活かしつつも、最新のWindows 10 Creators Updateをインストールしたい方も多いでしょう。

尚、製品版ではなくインサイダープレビュー版をインストールしたい方は、『Windows 10楽にインサイダープレビュー版をインストールする』を参照ください。

尚インストールCDの入手方法とライセンスキーの入手方法は、「Windows 10:入手方法について!いよいよインストールメディアとライセンスキーも提供開始」を参照ください。

従来のOSとの違い

  • マイクロソフトアカウントでログインしても、ユーザープロファイル名の問題が発生しない
    ⇒ユーザープロファイルのフォルダーが@の前の文字列になる
  • いきなり同期を実施しない
  • パソコンの所有者を入力する(Pro版のみ)
  • PINの設定がいきなりできる

早速、インストール

Windows 7から変わらない画面。通常は、初期値のままで「次へ」を押します。

20150718r128

「今すぐインストール」をクリックします。

20150718r129

プロダクトキーを入力します。わからない方は、「スキップ」を押しましょう。

20150718r130

「同意します」を選択後、「次へ」を押します。

20150718r131

新規にインストールする場合は、「カスタム」を選択します。

20150718r132

新規のため、そのまま「次へ」を押します。

20150718r133

2分ほど待ちます。

20150718r134

再起動し、更に2分ほど待つと以下の画面になります。

「このPCはだれが所有していますか?」にて該当する項目を選択し、「次へ」を押します。

20150718r136

マイクロソフトアカウントを入力します。Windows 10からアットマークより前がユーザープロファイル名になりました。

Windows 8.1と違っていきなりマイクロソフトアカウントでログインしても問題ありません。

予め登録したマイクロソフトアカウントとパスワードを入力します。

20150718r138

PINパスワードを設定します。「PIN」の設定をクリック。

尚、「PINが長いパスワードよりも安全なのはなぜですか?」をクリックすると理由がわかります。なるほど!

20150718r139

PINパスワードを入力します。2箇所同じ数字を入力し、「OK」ボタンを押します。

20150718r140

以上で終了です。お疲れ様でした。

20150718r142

まとめ:Windows 8の問題点が改善された

Windows 8.1で問題だった以下の2点が改善されています。PINも設定すると良いでしょう。

  • ユーザープロファイルのフォルダーが@の前の文字列になる
  • いきなり同期を実施しない

また、ライセンス管理が追記になった点は、要注意です。正しい情報を入力しましょう。

 

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加