Windows10のスタートメニューをWindows 7のようにする【Classic Shell 編】

Windows 10になり待望のスタートメニューが復活しましたが、とても使いにくいです。

今回は、使い勝手は、Windows 7のままに、デザインは、Windows 10らしくキメます。

 

Classic Shellを使用することで、スタートメニューがWindows 7のようになって使いやすくなります。

尚、フリーソフトを使わなくても、Windows 10の標準機能だけで少しだけWindows 7に近づけることができます。

詳しくは、「Windows 10 スタートメニューをカスタマイズし、Windows 7に近づける」を参照ください。

20161105r35

 Classic Shellは超便利

スタートメニューが変更になったことにより、アプリケーションを起動するたびにストレスを感じる人もいるでしょう。本ソフトを使えばWindows 7のスタートメニューに近くなります。

スタートボタンが復活する「Classic Shell」を紹介します。「Classic Shell」は、フリーソフト(寄付歓迎)です。

Windows 8.1でも使え、Windows 8.1で使うとスタートメニューが復活します。

インストール方法

http://www.classicshell.net/にアクセスし、「Download Now!」をクリックです。現在のバージョンは、4.3.0です。

20150731r190

「実行」をクリックします。現在のファイル名は、ClassicShellSetup_4_3_0.exeです。

20150731r192

「Next」をクリックします。

20150731r193

「I accept ...」をクリックし、「Next」をクリック

20150731r194

「Classic Exlorer」と「Classic IE」と「アップデート」は、外しました。

「Next」をクリックします。

20150731r203

「Install」をクリックします。

20150731r196

View Readme fileは、不要でしょう。「Finish」をクリックします。

20150731r197

スタートボタンを押すと、初めの1回だけ設定画面が表示されます。

20150731r199

そのまま「OK」ボタンを押します。

20161105r37

初期値では、青が強くてカッコ悪いです。渋くキメましょう。

20161105r38

メニューの色を変更します。デスクトップ上で右クリックし、「個人用設定」をクリックします。

20161105r39

「色」を選択し、ひとつとなりの濃い青を選択します。色の選択段階では、わずかな違いですが、実際に使うと大きな違いです。あとは、「閉じる」ボタンで閉じましょう。

20161105r40

渋くていい色になりました。以上、Windows 7のように使いやすくなり、デザインも今風になりました。

20161105r41

まとめ:Windows 10のスタートメニューを使いやすくしよう

Windows 10の標準機能では、スタートメニューが使いずらく、カスタマイズできないのが難点です。

本、フリーソフトで使いやすくしましょう。

 

 

デバック用: FB:202 TW:48 Po:36 B:6 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 48  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメント

2015年8月17日4:52 PM | Jiro Kimura

  • Classic Shell の Windows10バージョンについて、早速にレポートしていただきありがとうございました。タブレット用ソフトを使用せず従来からのウインドウズアプリのみを使用する者としては、いくらウインドウズ10でスタートメニューが改良されたといっても、このClassic Shellに勝るものはありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です