Windowsパソコンがサブモニターになる【Windows 10 Anniversary Update】

2016年5月20日の記事をアップデートしました。最新の情報に差し替えました。

「接続」アプリを実行するだけでご自分のパソコンがプロジェクター代わりになります。

2016080337

余談ですが、iPadもサブモニターになります。

詳しくは、『WindowsのサブモニターにiPadを!今年のベストアプリDuet Displayを使用する』を参照ください。

20151230r08

夏の大規模アップデートである「Windows 10 Anniversary Update」を適用することでパソコンをサブディスプレイとして使用できます。

いろんな応用が考えられます。Miracastの端末になるため、Android系のモニターとしても使えるようになります。

操作方法:サブディスプレイ側のパソコン

検索ツールバーに「接続」と入力します。

すると「接続」アプリが表示されます。クリックしましょう。

※接続アプリが表示されない場合は、ローカルアカウントであることが原因です。マイクロソフトアカウントに切り替えてください。今回は、Windowsストア アプリを使用します。マイクロソフトアカウントである必要があります。

20160518r24

たったこれだけの操作でMiracast端末になります。

2016080337

尚、ハードウェアが対応していない場合は、以下のように注意書きがされます。

「このデバイスでは、ハードウェアがワイヤレス プロジェクション用として設計されていないため、コンテンツの表示に問題が生じる可能性があります。」

また、ハードウェアが対応していも、無線接続でないとダメなようです。有線の方は、無線に接続しなおしてください。

2016080335

操作方法:接続側(クライアント側)のパソコン

初期のWindows 10から対応しています。[Windows]+[A]でアクションセンターを開き「接続」をクリックするだけです。

20160518r26

以上で、ワイヤレスディスプレイに対応した端末(Miracast端末)が表示されます。

2016080336

Windows側の「画面の解像度」の設定

接続できるとサブディスプレイのように扱われます。

ディスクトップを右クリックし、「画面の解像度」をクリックします。

20160518r27

物理的にサブディスプレイと接続したものと同じです。

4Kディスプレイにつなぎましたが、最高解像度は1920 × 1200まででした。

2016080339

注意点

Androidの画面をパソコン上に出力することも確認できました。しかしHDCPに対応していないため、Youtubeは、もちろんのことツムツムなどのほとんどの画面は、表示できませんでした。

まとめ:デュアルディスプレイが簡単実現

Windows 10 Anniversary Updateを適応することにより、パソコンがMiracast端末になります。

いろいろ楽しいですね(^^)/

関連URL

WindowsのサブモニターにiPadを!今年のベストアプリDuet Displayを使用する

iOSでもできます。ただし、Lightningケーブル接続。

20151230r08

Nexus 7 2013をWindowsのマルチモニタとして使用する【Komado2】

Androidでも同様にできます。

20130925r15

   このエントリーをはてなブックマークに追加