スッキリ解決!AP設置時のアダプターが「ぷら~ん」となる問題

アクセスポイントは、上の方に設置をすると電波の受信感度がよく調子が良いです。

 

しかし、必ずって言うほど発生してしまうトラブルがACアダプターが「ぷら~ん」となる問題です。

 

発生する原因は、とても簡単です。

APは、だいたい2mぐらいの高さで設置することが多いです。

標準的なアダプターの線の長さが1.5mのため、50cmほど足りなくなります。

 

解決方法:ACアダプター側の線を延長する

実は、ACアダプターの延長ケーブルが販売されています。

WXR-1901DHP3の場合は、5.5mmと2.1mmの太さです。

この線で延長することで解決です。

まとめ:アダプターの口の大きさを理解せよ

アダプターの口のサイズは、3パターンぐらいがメジャーです。

アダプター口を理解して、必要に応じて延長できるようにしましょう。

関連URL

配線を綺麗にしよう!綺麗にはがれる3M コマンド フック

 

干渉波自動回避機能を新搭載!WXR-1901DHP3【レビュー】

デバック用: FB:0 TW:2 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加