無念!Windows 10 November 2019 Updateは、新機能なし

Windows 10になってから変化がなく、つまらない。

確かに半年に1回は、大規模アップデートがあったけど、あまり違いがない。

大規模アップデートが1年に1回に変更

今回の悲報は、大規模アップデートが1年に1回になったことだ。

確かに、今までの半年に1回が多すぎて無理があったと思う。

 

対してMacは、macOS Catalinaを発表し、SideCarが使えるようになったのでiPadとの親和性が高まった。

※セカンドディスプレイとしか使えないのは残念だけど

 

「Windows 10 19H2」名前が「November 2019 Update」に決まりました。

今回は、セキュリティパッチの適用程度、旧Windowsで言うサービスパックのような感じになります。

私が期待した機能は、「日本語↔︎英語」が「半角/全角」キーではなく「無変換」「変換」キーになることだ。

それが、2020年春までにずれることが確定した。本機能は、2019年春に搭載される予定だったにもかかわらず1年も遅れるのは非常に残念です。

November 2019 Updateを新たにインストール

今回は、「日本語↔︎英語」が「半角/全角」キーではなく「無変換」「変換」キーなっていないか確認するために、インストールしました。

新しいテーマも壁紙もなく、寂しいものでした。

OSビルドが18363.418だと「November 2019 Update」とのことです。

まとめ:回数より質

XperiaがiPhoneに勝ちたくて年に2回リリースしていました。

無理があって、半年も経過しない内に旧機種になるのは厳しいものでした。

Windows 10は、年に1回でいいと思います。しかし、良い変化がないことは寂しいので、ユーザーが欲する新しい機能をきちんと入れて欲しいです。

日本語変換の先延ばしにはがっかりしました。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です