Windows 10の1Passwordは、生体認証(顔認証)で使うべし

今回は、操作方法・必要性の順で説明します。

1Passwordをすでに持っている方は、操作方法を。興味のある方は、操作方法を読み飛ばして次の必要性を読んでください。

実現するには、生体認証のデバイスが必要です。生体認証のデバイスがない場合は、以下の機器を利用ください。

ブログ記事『Windows 10 顔認証が超便利

操作方法

1Passwordアプリを起動します。
※ブラウザの拡張機能から起動してもダメです。

 

 

「Security」をクリックし、「Allow Windows Hello to unlock 1Password」をOnにします。

以上で、パスワードの入力が不要になります。

AndroidやiPhoneは初期値で有効ですが、Windowsは手動で行う必要があります。

1Passwordの必要性

以前は、Chromeを使ってパスワード管理をしていましたが、2つの欠点がありました。

  • Chrome以外で使えない
  • パスワードの記憶が上手く出来ない時がある

前者は、iPhoneの時に致命的でした。iPhoneは、デフォルトのブラウザがSafariになってしまうため上手くパスワードの入力が出来ないことが多々あります。

また、当然のことながらアプリケーションのパスワード入力で使うことができません。

後者は後者で、いろいろと不便でした。

1Passwordならすべて解決できる

30日間無料で体験できます。サービスごとにランダムなパスワードを設定できるし、パスワードを呼び出すのも自動です。2段階要素で暗号化されているので、もし1Passwordのパスワードが漏洩したとしても、私しか知らない秘密キーが漏洩しない限りクラウド上にあるパスワードを解読するのは極めて難しいです。

1Passwordは有料

1Passwordは、最安で利用したい場合は、3年間で9,980円です。

定番パスワード管理サービス「1Password」3年版|ソースネクスト

新規のみ対象です。体験版からの使用不可。期間延長に使えません

私は、体験版から上記を利用したら、すべて再取得になって2倍苦労しました。

体験版を利用する前にソースネクストのサポートに確認しましたが、体験版から移行できるとガセネタでした。
※サポートした人が知らないのだからしょうがない

返品してもなんの解決にもならないので、2倍時間をかけて対応しました。

生体認証を使わないと駄目

iPhone / Android / Windows /Macで1Passwordを使っています。

もし、生体認証を使わないと1Passwordを使うたびにパスワードを入力する必要があり、実用的ではありません。

Windows 10も例外ではなく生体認証を使わないと、パスワード入力が面倒です。

一つしかパスワードを覚えなくても良いので楽と言えば楽ですが、生体認証を使うと、さらに楽です。

まとめ:1Passwordと生体認証で安全でセキュアなネットライフを

ステマのような内容になってしまいましたが、安全・快適に使うには1Passwordと生体認証の利用は必要不可欠です。まだの方は、ぜひご利用ください。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加