Windows

超朗報!古いパソコンも手動でWindows 10からWindows 11に出来る。無料で楽

マイクロソフトから公式に古いパソコンでもインストールおよびアップグレードする方法が公開されました。

Windows 11 をインストールする方法

 

TPM1.2が必要とのことで、TPM1.2がボトルネックになりそうです。Macはダメでした。

インテル第4世代でも対応しているようなので、BIOSを変更すれば古いPCでも大丈夫っぽいです。

「TPMのチェックを回避する方法」なら今でも大丈夫です。後半に記載してあります。

Windows 7以降のIntel CPUならTPM1.2に対応していそうです。

普通にアップグレードできるか確認する

PC 正常性チェック アプリのダウンロード」でチェックします。

 

残念ながらCPUが対応しておりませんが、今回紹介する技でWindows 11にします。

TPM1.2以上の場合の操作方法

新規にインストールするには、8GBインストールUSBメモリを準備してください。

安くてオタクっぽい所が好きです。

WindowsアップデートならUSBメモリ不要です。

Windows 11 をダウンロードする

 

「同意する」をクリックします。

 

「次へ」をクリックします。

 

USBメモリ作成の場合は「次へ」をクリックします。

 

以上でUSBメモリ作成は終了です。お疲れさまでした。

 

 

 

新規インストールなら「次へ」をクリックします。

WindowsアップデートならISOファイルで「次へ」。任意の場所に保存します。

変更方法その1(レジストリ操作)

レジストリ操作が不慣れな方は次の見出し「Windows PowerShell(管理者)」をご覧ください。

regedit.exeを実行します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetupに移動します。

名前: AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU
種類: REG_DWORD
値: 1

「×」を押して閉じます。次はインストールできます。ご安心ください。

ISOファイルをダブルクリックし、「setup.exe」をクリックします。

変更方法その2「Windows PowerShell(管理者)」

スタートボタンを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」をクリックします。

 

Windows PowerShellが起動したら、下記の内容をコピー&ペーストして「Enter」キーを押します。

reg add HKLM\SYSTEM\Setup\MoSetup /v AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU /t REG_DWORD /d 1 /f

 

以下のように表示されれば終了です。

 

アップグレード作業手順

Windows 11 インストールUSBメモリを入れて、「setup.exe」をダブルクリックします。

「同意する」をクリックします。

 

熟読して「承諾する」をクリックします。

 

あとはメッセージに従ってアップグレードします。

手動アップグレードまたは新規インストール中にチェックされる要件

TPM 1.2が気になりますね。

  • TPM 1.2が有効
  • 64 GBの最小ストレージ
  • 4 GBのRAM
  • デュアルコアCPU以上

サポートされていないPCは非推奨

マイクロソフトは、サポートされていないPCのオフラインメディアを介して手動でWindows 11にアップグレードすることを推奨していません。

とはいえWindows 11で公式に「サポートされていない」場合でも、ほとんどの最新のPCは問題なく動作しますが、将来動作しなくなる可能性があります。

CPUが古い場合は、将来Windows Updateが出来ない可能性がある

情報元『Microsoft is threatening to withhold Windows 11 updates if your CPU is old - The Verge

 

操作方法について(新規無条件インストール)

将来は、「Microsoft Media Creation Tool」を使って楽にWindows 10からWindows 11に変更することができます。提供されるのは製品提供後だと思われます。

他のやり方としてUSBインストーラーを使う方法があります。

こちらなら新規にWindows 11のインストールもアップグレードも自由です。

USBインストーラーの作り方は、『Windows 11 ISOファイルからインストールUSBを自作する』をご覧ください。

USBインストーラーで起動したら「次へ」をクリックします。

 

「今すぐインストール」をクリックします。

 

すると「このPCでは Windows 11 を実行できません」と表示されますが、裏技で簡単にインストールできます。

Shiftキー+F10を押して「コマントプロンプト」を開きます。

 

regedit.exeを実行します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setupに移動します。

新しいキー「LabConfig」を作成します。

「Labconfig」の下に2つの新しいエントリーを作成します。
BypassTPMCheck=dword:00000001
BypassSecureBootCheck=dword:00000001

「×」を押して閉じます。次はインストールできます。ご安心ください。

まとめ:Media Creation Toolの登場まで待つべし

非サポート・非推奨とは言えWindows 11にできることは嬉しいです。

Windows 10のサポートが終了しても使えるようですね。

-Windows
-

© 2022 PCまなぶ