4時間半の睡眠法をマスターせよ

私事ですが、ブログの軸を「自然に楽しく無理なく!ITを武器に理想とする生き方・あり方を実現するブログ」としました。

ITスキルだけを、どんなに極めても解決することはなく、人間力を高めて初めてITスキルが活きます。

睡眠不足になると

睡眠不足は、百害あって一利なしです。

  • イライラする
  • 突然おこりやすくなる
  • 暴食したくなる
  • 思考が低下する

健康な生活をするベースが睡眠

パフォーマンスを高めるためには、睡眠が必要です。

基本的には、7時間~8時間の睡眠が必要とされています。

私も、毎日欠かさず7時間~8時間の睡眠をするように心がけています。

しかし、業務などで自分で睡眠時間をコントロールできない場合があります。

1時間~3時間の睡眠で頑張ったことがありますが、時間の割に効率が悪いです。

最低でも4時間半は、眠らないと辛いだけで意味のない頑張りになります。

1週間に5回程度なら4時間半の睡眠で頑張れる

一日7時間の睡眠は、必要です。しかし、忙しくて時間がないときは、5日間を限度として4時間半の睡眠で耐えます。

※必要な睡眠時間は、個人差があるので検証してください

そして土日などに、沢山寝て不足分を取り返します。

この方法なら、睡眠不足による作業効率の低下を少なく抑えることができます。

お昼などの10分睡眠が効果的

特に寝不足で効率力仕事をしたいなら10分でも時間があれば、積極的に寝ることが大切です。

コーヒーなどを飲んで10分間寝るのです。すると目覚めの時にカフェインの効果がでて効率力仕事が続けられるようになります。

まとめ:睡眠にはこだわれ

頑張ることが美徳。それは真実かもしれませが、睡眠時間を削ってまで頑張れば逆効果です。

効率的な作業をするためにも、睡眠時間をきちんと確保して頑張りましょう。

 

関連書籍

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加