その他

なくす前にAirPods Proの「探す」を使うベシ

AirPods Proは無くしやすい

AirPods Proは、とても無くし易いです。

とても小さいため以下の3つが考えられます。

  • バックの中にしまい忘れ
  • 置き忘れ
  • 盗難

無くす前にAirPods ProのAirpodsを「探す」を使う

多くの方は、無くしてからAirpodsを「探す」を使います。

これだと、探し方を探すのに時間がかかります。

トラブルにあってもスムーズに体験できるように、無くす前に体験しましょう。

AirPods Proは、iPhoneやiPadなどを紛失した時と同じようにiOS端末やPC(Windows・Mac)のブラウザから「探す」にある機能を使ってどこにあるかを検索することができます。

スマホ・パソコンから探すことができ、音を鳴らすこともできます。

iOS13から「iPhoneを探す」がなくなり「探す」に統合

iOS13から「iPhoneを探す」、「友達を探す」アプリが消え、「探す」に統合されました。

このため、いざ探そうをした時に「iPhoneを探す」アイコンが見つからず焦ります。

iPhone・iPadを使って探す

iOS端末にインストールされている「iPhoneを探す」アプリを起動します。

画面が違う方は、画面下のグループで「デバイスを探す」になっていることを確認してください。

同じ場所にあって、昨日の21時41分にあったことがわかります。

 

さらに詳しい情報を知りたいので、アイコンか文字列をタップしましょう。

 

必要に応じて音を鳴らすこともできます。

 

誰かがAirPod Proの蓋を開けたらiPhoneにメッセージが表示されます。

Macを使って探す

iPhoneと同じです。「探す」アプリを使います。

 

「探す」アプリで同様に探せます。

画面が違う方は、右上のところで「デバイスを探す」をクリックしてください。

あとは、同様にタップするだけです。

 

Androidを使って探す

友達のスマホで操作する場合は、Chromeアイコンを長押ししてプライベートなモードで操作してください。

Chromeの場合は、「シークレットタブ」です。

 

iCloud - iPhoneを探す』をクリックし、IDとパスワードを入力します。

 

あとは、同じです。

Windowsを使って探す

パスワードを記憶したくない場合は、Chromeを起動してシークレットモードにしてください。

[Ctrl]+[Shift]+[N]でシークレットモードです。

iCloud - iPhoneを探す』をクリックし、IDとパスワードを入力します。あとは、同じです。

まとめ:無くす前がポイント

場所は、蓋と開けた時に記憶される仕組みです。

どのような音がなるのか等、事前に確認すると良いでしょう。

Apple製品は、全て同様の方法で探せます。iPhoneをお持ちの方は、必ず無くす前に「iPhoneを探す」を使ってください。

事前に経験することで、万が一無くした時に、素早く探すことができます。

関連URL

AirPods Proが傷だらけになる前にケースで保護をする

 

AirPods Proの設定をする

 

-その他
-

© 2020 PCまなぶ