Windows

自宅(インターネット)からリモートデスクトップ!Chromeリモートデスクトップ編

動画版も作りました。良かったらご覧ください。


リモートデスクトップはとても便利な機能ですが、同じWAN・LANからしか通信ができません。

※WAN・LANの単語がわからない場合は、同じ会社内のネットワークしかつかないと理解してください

もし、自宅から会社のネットワークにアクセスする場合は、VPN等を使う必要があります。

インターネット経由でリモートデスクトップを利用する

操作される側のパソコンの電源が入っている必要がありますが、自宅から職場のパソコンにアクセスができます。

Chromeリモートデスクトップで実現できます。「リモートデスクトップ」と名前がついていますが、マイクロソフトの「リモートデスクトップ」と関係なく操作されるパソコンがWindows 10 Proである必要もありません。

必要な物

双方のパソコンでChromeがインストールされている必要がある

双方のパソコンで同じGoogleアカウントでログインされている必要がある

サーバー(操作される)側のパソコンでChrome リモート デスクトップがインストールされている必要がある。

サーバー:操作される側の設定について

Chromeをインストールして、Googleアカウントでログインします。

Chromeで『https://remotedesktop.google.com/』を開きます。

「使ってみる」をクリックします。

 

下向き矢印をクリックします。

 

「Chrome Remote Desktop」の「Chromeに追加」をクリックします。

 

「拡張機能を追加」をクリックします。

 

「Chrome Remote Desktop」をクリックします。

 

「同意してインストール」をクリックします。

 

「はい」をクリックします。

 

適当な文字列を入力して「次へ」をクリックします。

 

6桁以上のPINを入力します。

2か所に入力し、起動をクリックします。

以上でサーバーの設定は終了です。

 

クライアント:操作する側の設定について

Chromeをインストールして、Googleアカウントでログインします。

Chromeで『https://remotedesktop.google.com/』を開きます。

「使ってみる」をクリックします。

 

「インストール」をクリックします。

 

「インストール」をクリックします。

 

ご自身でつけた名前の部分をクリックします。

 

設定したPIN番号を入力します。

 

職場のパソコンが表示されました。

混乱しやすいのですが、点線内が職場のパソコンの画面です。

クリップボードを共有する

最初に行うべき操作は、クリップボードの共有です。

カスタマイズは、右側の「<」で行います。クリックします。

 

「開始」をクリックします。

 

「許可」をクリックします。

 

以上で終了です。

 

設定について

 

関連URL

Windows 10 OS標準ソフトで超簡単なリモート支援(画面共有) クイックアシスト

↑ブログ版 ↓動画版

-Windows
-

© 2020 PCまなぶ