Ryzen 第3世代にSFX電源を使う!Corsair SF600

2019年7月12日SFX電源デビューをしました。当日は、16コアCPUが安定して動くように750Wの電源を買いました。

『いよいよSFX電源デビュー 750W!Corsair SF750』

ふと思えば、600Wで十分なように思えました。

750Wだとオーバースペックです。そこで最適だと思える600W電源を購入しました。

Mini ATXには、SFX電源

16コアの「Ryzen 9 3950X」を見据えて自作パソコンを作っています。

GeForce RTX 2060 SUPERを使うなら『RAIJINTEK METIS PLUS』のケースです。

SFX電源を入れることで266mmまでのグラフィックカードが入るようになります。

 

GeForce RTX 2070 SUPER以上を使うなら『RAIJINTEK OPHION 』のケースとなります。

今更なんですが、SFX電源にも、いろいろなサイズがあるんですね(汗)

SFX(A) 幅100 mm × 高さ50mm × 奥行125 mm
SFX(B) 幅100 mm × 高さ63.5mm × 奥行125 mm
SFX(C) 幅125 mm × 高さ63.5mm × 奥行100 mm
SFX(D) 幅100 mm × 高さ63.5mm × 奥行125 mm(今回のケース)
SFX(L) 幅125 × 高さ63.5 × 奥行き130 mm

※ SFX(B)とSFX(C)はファンの厚みが17.1mmとなっており、空冷ファンが下部に出っ張っている

今回は、空冷ファンの出っ張りがないのでSFX(D)100mm x 63mm x 125mmになります。

一般的なATX電源は、 幅150mm × 高さ86mm × 奥行き140 mmとのことです。

幅-50mm × 高さ-23mm × 奥行-15mmになったことになります。

SFX電源のため緑の分だけ余裕ができます。SF750とSF600は同じサイズです。

 

普通のATX電源なら隙間がほとんどありません。

 

80 PLUS PLATINUM 認証

SF PLATINUM 電源の電力変換効率は 92% を超えます。

電源変換効率が悪ければ、損失した電気は、熱になります。発熱が極めて少ないとも言えます。

純日本製の 105°C コンデンサ

高品質なコンデンサを採用しています。7年保証です。すべての SF PLATINUM Series 電源には、7年保証です。

モジュラー端子/ケーブル構成

電源端子についてわかりやすく説明します。

①ATX電源について

たくさんPINがあるコネクタを選びます。

 

電源側は、①-A(右)と①-B(左)にさします。

 

ATX24PINは、マザーボードに必ずある口です。以下の所に接続します。

 

マザーボードに差し込みます。

 

②PERIPHERAL & SATA

SF600とSF750の違いは、②の端子の数だけです。

②の端子の数について、SF600は2つ。SF750は4つ。

SF600は1つの口でSATAの電源4台。もう1つの口でパラレルの電源3台です。

 

上がSATAの電源ケーブル。下がパラレルの電源ケーブルです。

 

片方(左側)は、電源。もう片方(右側)は、SATAの電源です。

 

パラレル端子の電源ケーブルは、今時ほとんど存在しません。

片方(左側)は、電源。もう片方(右側)は、パラレル接続時に使用する電源です。

 

③6+2 PCIe & 4+4 CPU

最後にグラフィックボードの用の電源2口とCPU用の電源1口です。

 

ケーブルは、3本あります。

上の2つは、グラフィックボードの用の電源です。

GeForce RTX 2080 SUPERクラスになると、補助電源として8ピン×2本を使用します。

 

もう1つは、CPU用の電源です。一番下。

 

 

左が電源側です。右がグラフィックボードようです。

 

6PINと8PINの両方に対応できるようになっています。くっつけて入れると8PIN用になります。

2本あります。

 

最後は、CPU用の補助電源です。CPUもグレードによって、4PIN・8PINがあります。

左が電源用。右がCPUの助電源です。

 

X570は、8PINのCPU補助電源です。

 

ZERO RPM FAN MODE

240Wまでは、ファンが回らない仕様です。

 

収束バンド2種類とATXへの変換アダプター付属

SF600WにはATXへの変換アダプターがあるので、ATX電源につけることができます。

収束バンドが2種類ついているのもポイントが高いです。

まとめ:GTR2070 SUPERでもSF600で十分

普段の消費電力に依存します。SF600の場合は、普段300Wで使う場合にもっとも効率が良いです。

よって高負荷の方は、SF750Wにしましょう。普段375Wでも安定した動作が期待できます。

また、16コア +GTR2060 SUPER程度であれば、SF450の選択もありです。

私の用途なら16コア + GTR2060 SUPERであったとしてもSF450でも十分です。(汗)

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:5 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加