ノートパソコンは、閉じて使え!具体的な設定方法

デスクトップ派も含めて、すべての人に知って欲しい基本です。

動画版を作りました。

 

もともとは2016年3月3日に執筆した記事です。古くなったので写真を張り替えました。

上は、本日撮影。下は、2016年3月3日です。時代の流れを感じます。

 

ノートパソコンは、上の写真のように閉じて「キーボード」と「マウス」と「大型ディスプレイ」で仕事をすると、長時間働いても疲れません。

それでは、操作方法を伝えましょう。

20160218r769

[Windows]+[X]⇒[O]でコントロールパネルを表示します。

ショートカットキーが嫌いな方は、Windowsマークで右クリックして、「電源オプション」です。

20160218r766

 

右の「電源の追加設定」をクリックします。

 

「電源ボタンの動作を選択する」を選択します。

20160218r767

最後に、「電源に接続」列の「カバーを閉じたときの動作」行の項目を「何もしない」に設定して終了です。

20160218r769

「電源ボタンを押したときの動作」をシャットダウンにせよ

ついでに電源ボタンの動作を変えると吉です。

ノートパソコンでもデスクトップでも、シャットダウンしたい時は毎日あります。

アプリケーションを閉じていることを確認してから電源ボタンを押すのがXP時代の定番です。

正確には、ファイルを保存していることを確認して電源ボタンです。

 

シャットダウンは、今なら[Windows]+[X]⇒[U]⇒[U]が便利ですが、電源ボタンの方が便利な時もあります。

 

まとめ:0.1秒でも楽に速く操作しよう!

時間と体力は、有限です。

パソコンを操作するときに疲れる作業は、小さいボタンのクリックです。

電源ボタンやショートカットキーで代替えできます。

また、小さな画面も疲れる大きな要素です。大型ディスプレイを使って操作すると楽になります。

そのときには、今回のテクニックを使ってノートパソコンは閉じて使用してください。

様々なテクニックを活用して楽(らく)に楽しく頑張りましょう。

関連URL

モニターについて

 

キーボード・マウスについて

 

Webカメラ C270n

デバック用: FB:0 TW:2 Po:14 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加