【朗報】ついにDuet DisplayがWi-Fi(無線)対応

いろいろ追記しました。

ソフトウェアで可能にしているDuet Displayとハードウェアレベルで可能にしているLuna Displayがあります。

お好みで使い分けてください。


モバイルでパソコンを使う場合は、iPad Pro 12.9インチをマルチモニターとして使っています。

Wi-Fiに対応したためマルチモニターにするときは、iPadを起動してDuet Displayを起動するだけになりました。

完全コードレスでの利用が可能になりました。コードがないと気持ちがいいですね!

Duet AirかDuet Proが必要

Duet』は、現在1,200円で売られているようです。

 

もうすぐMacでは、OSの標準機能として、Macのサブモニター・液タブとしてiPadが使えるようになります。

ついにOS標準機能になった!Macのサブモニター・液タブとしてiPadが使える

そのためDuet Proを解約して知ったことですが、無線でDuet使うだけで年に2,200円もかかるようです。

 

ご参考情報ですが、上記画面は、iPadでパソコンと接続しない状態でDuetを起動して「i」のボタンを押すと表示されます。

 

Apple Store経由だと安いです。900円も違います。

参照方法は、『サブスクリプション (定額制サービスの登録) を表示・変更・解約する』を参照ください。

 

自動的にマルチモニターになる

Wi-Fi接続にする場合は、iPad Pro側でDuet Displayを起動するだけで自動的にマルチモニターになります。

マルチモニターをやめたければDuet Displayのアプリを終了するだけです。
初回の1回だけはLightning ケーブルをつなぐ必要あり

あとは、Lightning ケーブルを抜くと自動的にWi-Fiになります。

私の場合は、Photoshopのパネルを閲覧するときにサブモニターを使う程度なので遅延は気になりません。

急速充電をしながらマルチモニターが可能

今までは使おうと思っていても「Lightning ケーブルを忘れる」とデュアルディスプレイとして使うことができませんでした。

また、たとえLightning ケーブルを持っていても、iPad Pro側の充電を忘れると使えない欠点がありました。

 

パソコンとiPad ProをLightning ケーブルでつなぐため、マルチモニターとして使いながらiPad Proの充電をすることが困難だったためです。

※できる時もあるけど、充電が追いつかない時もある

現在では、Type-CのLightning ケーブルがあります。5Wではなく24Wで充電できるし、転送速度もUSB2(480Mbps)ではなくUSB3(5Gbps)と大幅にアップしています。

 

これからは、iPad Proの充電を忘れても急速充電をしながらマルチモニターで使うことも可能になりました。

PD電源と専用ケーブルを使うと15.5V×1.57A=24Wで充電できるため、従来の5V×2.3A=12Wに比べると2倍で充電できます。

詳しくは、『iPhoneやiPad Proを2倍速で充電する高速充電』を参照ください。

設定がほんの少しあるみたい

無線の設定はWindows側に少しあるだけです。

右上の「Wifi Settings」をクリックしてみましょう。

 

とくに何の設定もありません。192.168.0.1と書いてありますが、固定で書いてあるだけです。

私のネットワークは、192.168.1.0/24でした。

 

Windows側では、自動的に接続するかも聞いてくれます。

まとめ:Duet Displayがもっと便利に

Wi-Fiの通信速度が向上したことによりWi-Fiでも快適にマルチモニターができるようになっています。

便利なDuet Displayが、さらに使いやすくなりました。

 

私は、毎日のように使っていますが、USB CのLightningが本当に便利です。24W充電しながら5Gbpsの通信が出来るのでとても快適です。

デバック用: FB:17 TW:7 Po:29 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 7  このエントリーをはてなブックマークに追加