簡単にホームページの文字列を変更する方法

「誰でも、簡単に月100万円稼ぐことができる❕」と証拠画面が、貼り付けられていることは、ないでしょうか。実は他の人が作ったホームページでも簡単に文字列を一時的に変更できます。

※変更しても、再読み込み(F5:更新)ボタンを押すと、元に戻ります(^^)

冗談はこのぐらいにして、個人情報を掲載させたくない際に、モザイクをかけるのも1つの方法ですが、文字列を変更した方がもっとスマートです。

例えば、画面のスクリーンショットを撮るときに、ちょっとだけ編集したい時に便利です。個人名を仮名にするなど、活用しましょう。

一時的に変わるだけです。更新ボタンを押すと元に戻ります。

事前準備

Chromeが必要です。インストールして、Chrome上で操作してください。

実現方法

学習教材としては、『10インチタブレットユーザーへ!持ち運びに便利な人気のバックインバック』を使いました。

 

編集したい部分を右クリックし、「要素を検証」をクリックします。

20140124r02

 

すると、右側に文字列が表示されます。

 

水色になった文字列部分を右クリックし、「Edit text」をクリック。
※HTML部分だと、「Edit text」は、表示されません。

尚、ダブルクリックでも可能です。

20140124r05

文字列を変更します。今回は、練習のため、10を99に変更しました。

20140124r06

簡単に文字列が変わりました。短時間で出来ますね!

20140124r07

邪魔なものを消したいときは、「Delete node」

同様の手順で邪魔なものを簡単に消せます。今回は、練習で、その下の画像を消しましょう。

20140124r08

消したい、画像を右クリックし、「要素を検証」をクリック。

20140124r09

画像だけけしても、外枠が残るため、1行下をクリックし、消したい部分をさぐります。

20140124r11

消したい部分は、画像だけでなく、「段落」ごとであることを確認。

20140124r12

消したい部分を右クリックし、「Delete element」をクリックします。

枠が残るような場合は、さらに1行下の行に対して「Delete element」してください。

消すことができました。

20140124r14

まとめ

ホームページの文字列は、簡単に変更できることを知っていると、何かと便利です。

これで画面ショットを撮る場合に、情報を簡単に修正・削除することが出来ますね。

関連URL

Windows8の画面ショットを撮る【Greenshot詳細レビュー】

デバック用: FB:11 TW:3 Po:1 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 3  このエントリーをはてなブックマークに追加