DVDFab UHDドライブツール専用の超小型パソコンを自作

DVDFab UHDドライブツールは、IDEモードでないと動かないというツワモノです。

今どきIDEモードで動かすのは本ツールぐらいです。

新しいパソコンだとIDEモードが使えません。

※Intel CPU第6世代で無理。第4世代は大丈夫っぽい

早速、あまりものの部品でIDEモード専用の超小型のマシンを試作しました。

3,500円で無事に作ることが出来ました。

※新規に調達したのは、CPU + マザーボード + メモリ4GBで3,500円(送料込)

 

必要な部品

以下の2つが必要です。

  • Windowsのライセンス(Windows 7以降)
  • IDEの設定ができるパソコン

自作した物

iシリーズで第4世代のBIOSであればIDE化できるようです。第6世代はできないようです。第5世代は別途調べます。

PCケース:Mac miniより少しだけ大きいケース。

RGeek Official Store』で購入しました。黒を購入しましたが、先方の手違いでシルバーが到着。$5割り引いてもらうことで妥協しました。

シルバーの余っていたケースを利用しました。US $34.99 = 3,802円です。

CPU + マザーボード + メモリー

メルカリで適当に見つけて購入しました。D510MOの在庫は多いようです。

Mini-ITXマザーボード D510MO+4GBメモリセット

送料込で3,500円 CPUが予想以上に遅かったですが、Blu-rayドライブのファームウェアをダウングレードできれば良いので我慢することとしました。

 

もう少し予算が許せばN3150-ITXもありかと思いました。

CPUとマザーとメモリで1万円程度もするので悩みどころです。

 

 

ACアダプター電源 キット

普通の12V電源を、マザーボード・CPU・SSD・5インチドライブ用に分配するキット

 

汎用ACアダプター:使いまわし

普通の12V 10A出力のアダプター

 

D510MO起動時の画面

起動時の画面です。DelキーがF2です。今回は[F2] でBIOS設定です。

右下に書いてあります。

F2:BIOS Settings

 

AHCI⇔IDEに切替方法

Windows 10をインストール後にAHCIとIDEを切り替えると起動しなくなります。

すでにWindows 10をインストールしている方は、セーフモードにすることで起動しないトラブルを未然に防ぐことができます。

セーフモードにするとAHCIとIDEに関係なく適切なドライバーに切り替えて起動するようになっています。無事にに起動できたらセーフモードを解除することで、次回も通常通り起動できるようになります。

詳しくは、『【Windows 10】強制的にセーフモードで起動する方法』を参照ください。

 

[F2]を押してBIOSを起動します。機種によっては[Del]キーです。

「⇒」を押して、「⇩」を2回押して[Enter]キーです。

 

さらに「⇩」を押して「Enter」キーを押して[IDE]または[AHCI]を選択します。

 

[ESC]キーで戻って「⇒」キーで「Exit」まで移動します。[Enter] [Y]で設定を保存して終了します。

 

無事に、起動したら、「セーフブート」のチェックを外して終了です。

 

遅いマシンでも、無事にファームウェアをVer1.01からVer1.00にダウングレードできました。3,500円を支払った甲斐がありました。

まとめ:誰でも気楽に作ろう

とても簡単に作れました。

もし、パソコンのハードディスクのモードをIDEにできない場合は、さくっと作ってしまいましょう。

ダウングレード中の動画について

なんの工夫もありませんが、そのまま撮影しました。

雰囲気だけでも体験していただければと思います。

関連URL

【レビュー】DVDFab UHDドライブツール

デバック用: FB:0 TW:1 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加