Windows8の画面ショットを撮る【Greenshot詳細レビュー】

ブロガーにとって、画面ショット(スクリーンキャプチャー)は、とても重要です。

画面ショットの有名な所としては、WinShotがあります。WinShotは、「マルチモニターで使用すると、エラーが発生する。」、「PNGで保存できない」欠点があり、古さが否めません。

WinShotのアイコン。見たことがある方も多いのでは?
WinShotアイコン

もっと古い話になるとPaint Shop Proがありましたね!昔の物は無料ですが、PNG保存できない欠点があります。

(補足)なぜPNG保存?

読者の中では、JPEGやGIFでもいいのでは?っと思っているでしょう。通常、このような作業はPNG形式が適しています。JPEGやGIFは、オリジナルの画像より品質が劣化します。公開前の画像を加工する場合は、劣化していない方がいいです。劣化しなく、20年前から使われているBMP形式は、サイズが莫大になりますので今は使わずに、品質が劣化しない可逆圧縮のPNG形式を使います。

ホームページに公開するときは、画質が劣化しても、サイズが小さい方がいいので、JPEGやGIFを活用します。

JPEGやGIFを非可逆圧縮といいます。非可逆圧縮(ひかぎゃくあっしゅく)とは、圧縮前のデータと、展開後のデータとが完全には一致しないデータ圧縮方法のことです。この圧縮方式は、圧縮率が高い特徴があります。

Greenshotがオススメ

今は、フリーソフトかつ、オープンソースのGreenshotがお勧めです。

20130806

特徴

  • フリーソフト/オープンソース
  • マルチモニター対応
  • マウスカーソルをキャプチャー可能
  • 全画面/ウィンドウ/矩形/任意と指定可能

インストール方法

Greenshotのダウンロードサイト(http://getgreenshot.org/downloads/)に移動します。

「DOWN LOAD」をクリック

20130806c

しばらく待つと、画面したにダウンロードしたファイルが表示されます。クリックします。(Chromeの場合)
※IEの場合は、実行をクリック

20130806d

日本語がないので、そのまま、「OK」をクリック。インストーラー以外は、日本語があります。

20130806e

「Next」をクリック

20130806f

「I accespt the agreenment」を選択し、「Next」をクリック

20130806ga

「Next」をクリック

20130806h

「Next」をクリック

20130806i

プラグインは、好きではないので、私ならはずします。

下にスクロールし、日本語表示へ

20130806j

この部分が見落としやすいので注意。

日本語をチェックをつけて、「NEXT」をクリック

20130806k

次へをクリック

20130806l

次へをクリック

20130806m

Installをクリック

20130806n

「Finish」をクリック

20130806o

カスタマイズ

ブログを書いていてびっくりしたのが、日本語を選択し、インストールしても、日本語で起動しないことです。

私は、英語でもいいのですが、読者の中には、日本語の方がいいひともいるでしょう。

日本語化する方法について

タスクバーから△をクリックし、「G」アイコンをクリック、Prefences...をクリックします。

20130806p

「General」から「日本語」をクリックします。

20130806q

マウスポインターのキャプチャーを制御する

あとは、マウスカーソルのON/OFF。キャプチャー後の動作設定ぐらいです。

通常、マウスカーソルをキャプチャに含める必要はないでしょう。チェックを外します。必要に応じて変更

20130806r

撮影後の動作を制御する

あと、1点変更して頂きたいのが、撮影後の操作です。

20130806s

これで、必要最低限度の設定が終了です。

使い方

基本の3つをマスターしておくといいでしょう。初期値は、以下の通りですが、好みで変更しても良いでしょう。

動作 初期設定
選択範囲をキャプチャー Print Screen
ウィンドウをキャプチャー Alt + Print Screen
スクリーン全体をキャプチャー Ctrl + Print Screen

GreenShotでは、Print Screenの初期値が、「選択範囲をキャプチャー」です。初期のままがいい場合は、設定で切り替えましょう。

まとめ

本キャプチャーソフトは、無料とは思えないぐらい高性能なものです。

様々な設定ができますので、設定画面から一通りご確認ください。

また、イメージエディターも内臓していますので、画像編集ソフトをお持ちでない方は、活用ください。

※△クリック後、「G」アイコンをクリック。「クイック設定」⇒「撮影後の操作」⇒「イメージエディターで開く」をすると、次回からイメージエディターを使えます。

20130806t

関連URL

超便利機能を紹介するよ!Greenshotには、強力なイメージエディターがある

20150119r25

デバック用: FB:0 TW:8 Po:9 B:6 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 8  このエントリーをはてなブックマークに追加