カメラ

Velbon カーボン三脚 Geo Carmagne N635 III レビュー

今まで入門者向けの三脚を使っていましたが、物足りなくなったため、以下を購入しました。
「Velbon カーボン三脚 Geo Carmagne N635 III 3段 ナットロック 脚径28mm 中型 3Way雲台 クイックシュー対応 カーボン脚 447104」

 

カーボンを諦めてアルミにすると、お安くなります。カーボンの方が2.5倍高いです。

 

カーボンにした理由

最初はアルミでも十分だと思っていました。しかし、アルミを買ったら「一生カーボンだったら...」と思い続けることは間違いありません。

しかも、いくらアルミが安いとしても、カーボンまで買ったら1.5万が5.5万の出費になります。

それぐらいなら、4万円の出費に留めて一生使おうと思いました。

太めの足が美しいです。

 

箱は、とてもデカイ

Amazonにて裸で送られてきました。楽天とかに比べて安いから許せます。

 

中も箱の大きさと、ほぼ同じです。

 

とても良いです。確かに大きいですが、剛性も別物です。

 

2周り大きいですが、それ以上にメリットは沢山あると感じました。

 

薄くて広いマグネシウム製のクイックシューが好きです。

 

置くだけ固定されます。

 

シューをつけたままでも安定します。

Velbon 自由雲台 QHD-53Qも購入

メルカリでQHD-53Qを購入しました。安くGET出来て良かったです。

相場は、5000円程度ですが、8%クーポンを使ったり、招待してゲットした1500円ポイントを使ったりして結果として激安でした。

 

 

雲台も安物と比べると以下のように違います。

 

今まで入門者向けの三脚を使っていました。どちらも素晴らしいですが、スリック GX 6400の方が10円玉を使わなくてもカメラを固定できるので優秀です。

SLIK(スリック) GX 6400

Velbon(ベルボン) EX-440N

 

ブログで使うための撮影

必要以上に贅沢な物を使うつもりはありませんが、三脚を使った方が綺麗に撮影できることが多々あります。

その際に入門者向けだと心もとないので新たに購入することにしました。

具体的には、以下の通りです。

  • 大きなレンズとフラッシュライトをつけると、カメラがお辞儀をする
  • 微調整が出来ない

私は、業務として毎日写真撮影をしています。

全体の重さを知るべし

私の場合 D7200  750g

超広角 604g

SB-5000 540g

合計 1894g

最低2kは耐える必要があります。

 

入門向け三脚

最大2kg

 

EX-440N 推奨積載質量 : 1.0kg

 

EX-640N 最大3kg

 

中上級向け

以下の違いは、アルミかカーボンか

  • Sherpa 635 III
  • Geo Carmagne N635 III

Velbon 三脚 Sherpa 635 III

 

Geo Carmagne N635 III

アルミ orカーボン

アルミは安いことがメリットです。

対してカーボンは、2/3の重さであり、振動を少なくする特徴があります。

3段 or 4段

剛性で選ぶなら3段。携帯性で選ぶなら4段です。

レバー式 or ナット式(回転)

これは好みで決まります。

どちらでも問題ないとのことです。ナット式は、慣れればレバー式と同等以上に素早く出来ます。

まとめ:安価な三脚で物足りなくなったら

カメラは、少しずつステップアップするのが楽しいです。

もうすぐD750の後継が出るそうです。

もっと感度の良いカメラが欲しいのでD750の後継が発売したら購入したいです。

 

-カメラ

© 2020 PCまなぶ