パソコン上の画像を文字列に変更する

パソコン上にある画像の文字を、文字列に変更したい場合があります。

例えば、昨日執筆した「ショートカット一覧」を文字列にする場合は、手入力だと大変です。

そこでコンピューターを使って自動的に画像から文字列に変更します。

操作方法

操作方法は極めて簡単です。以下の3ステップです。

  1. 画像を保存
  2. Googleドライブにアップロード
  3. Googleドキュメントに変更し、文字列を取得

画像を保存

まずは、画像をキャプチャーします。ファイルとして保存します。

Windows標準ソフトである『Snippingツール』を使うと良いでしょう。

2018年秋から提供された『画面領域切り取り』もありますが、使い勝手はイマイチです。

Googleドライブにアップロード

Googleドライブ』にアクセスします。Googleアカウントさえ持っていれば使えます。

https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

 

「新規」をクリックします。

 

「ファイルのアップロード」をクリックします。

 

無事にアップロードすることができました。

「マイドライブ」をクリックし、存在することを確認しましょう。

 

Googleドキュメントに変更し、文字列を取得

いよいよ最終ステップです。

アップした画像を「ドキュメント」に変更します。

画像を右クリックし、「アプリで開く」⇒「Googleドキュメント」です。

 

すると画像の下に文字列が表示されます。

かなり精度が高いです。

(番外編)あとは手作業で表に変更

さくさく作れました。

Sticky Notes V3.0のキーボード ショートカット

太字 Ctrl +B
斜体 Ctrl +I
下線 Ctrl +U
取り消し線 Ctrl +T
元に戻す Ctrl +Z
やり直し Ctrl +Y
切り取り Ctrl +X
コピー Ctrl +C
貼り付け Ctrl +V
すべて選択 Ctrl +A
行頭文字の表示非表示 Ctrl +Shift + L

ナビゲーション

ウィンドウを閉じる Ctrl +W
メモの削除 Ctrl +D
検索 Ctrl +F
次のウィンドウ Ctrl + Tab
新しいメモ Ctrl +N
前のウィンドウ Ctrl +Shift + Tab

まとめ:とても便利

GoogleのOCR機能は、いかがでしたでしょうか。

完全に信用することはできませんが、極めて精度が高く便利です。

精度は、元の画像に依存するため、綺麗な画像を準備しましょう。

関連URL

Snippingツール

画面領域切り取り

デバック用: FB:0 TW:4 Po:2 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 4  このエントリーをはてなブックマークに追加