キーボード

致命的な欠点あり!iClever テンキー利用

外付け10キーはOSの仕様により色々トラブルになりやすいです。

 

テンキーレスを中心に使う練習をしているけど、たまにテンキーが恋しくなります。

そこでiClever テンキーを購入しました。iClever テンキーは、Bluetooth版とレシーバー版が別々になっています。

今回は、レシーバーだと無くす自信があったのでBluetooth版にしました。

Bluetooth版

 

レシーバー版

 

致命的な欠点あり

WindowsとMacで試しました。

Windowsのときは、気がつかなかったけど、MacにてPhotoshopだとCommandと外付けキーボードの「+」と「-」反応しませんでした。

Macの仕様のようで制御キーと外付10キーは一緒に使えない。

同じキーボードでないと制御キーを押したことにならないようです。

MacBook Proと一緒に使うも良さげ

数字の入力は問題ありません。

 

まとめ:あるだけで安心?

実際に使うと、色々問題がありそうな外付テンキー。

幸い数字を入力するだけなら問題がないので、コレクションとして持っていても良さそうです。

-キーボード

© 2021 PCまなぶ