iPhone 固有の機能Live Photosを初期値で無効にする

iPhone 6s 以降で撮影すると、「Live Photos」が初期値で有効になります。

この「Live Photos」とは、iPhoneカメラ機能のひとつでシャッターボタンを押した瞬間の前後1.5秒の映像・音声が写真と共に撮影されるApple社独自の機能です。

写真アプリで閲覧し、写真を強く推すことで3秒間動画で再生させることができます。

再生デモ

写真を撮影しただけなのに凄いですね。iPhoneの「Lively」アプリで動画に変換しました。

また、写真アプリで「編集」を選択し、前後1.5秒の間から最適な画像に変更するなど面白い使い方もできます。

写真の容量が2倍(2MB程度⇒5MB程度)になることから、メリットはあるものの写真によっては2倍の容量を使う意味がない場合もあるでしょう。

例えば動かないものを撮影する場合にはデメリットしかありません。

操作方法

残念ながらLive Photosを初期値で無効にすることはできませんが、Live Photosをオフにした状態を維持することはできます。

Live Photosは、初期値で有効になっているにも関わらず逆ができないことは不思議ですね!

 

歯車マークの「設定」をタップし、カメラをタップします。

 

「設定を保持」をタップします。

 

「Live Photos」をオンにします。

※設定を保持するために「Live Photos」をオンにします。紛らわしいですね!

 

その後、撮影画面でLive Photosをオフにすると、次回撮影したときも維持されるため、毎回オフにする手間が省けます。

まとめ:Live Photosを使いこなそう

動きのあるものを撮影する場合に、Live Photosはとても有効です。

しかし、動きがないものを撮影するにはデメリットの方が多いため使い分けることが有効です。

 

デバック用: FB:1 TW:1 Po:2 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加