速攻レビュー!12,800円のWindows 10スマホKATANA01

日本最速で販売を開始した12800円のWindows 10スマホをゲットしたので速攻レビューします。

本日発売です。なかなかいい感じです。

20151126r61

良い点

  • 安い
  • 画面が意外に綺麗
  • そこそこ快適に動く
  • 質感もそこそこ良い
  • テザリングが出来る
  • あらかじめWord/Excelが入っている
  • 意外に電池の持ちがよい
    ⇒電池容量は、1700mAhと少ないですが

悪い点

  • OTGケーブルは使えない
    ⇒有線USBが使えない
  • MHLケーブルによるHDMI出力ができない
    ⇒有線HDMI出力ができない
  • 懐中電灯機能が使えない
    ⇒なぜなんだろう...

Windowsスマホの問題点

  • Flash Playerが使えない
    ⇒残念です

パッケージ

このお値段の割には良いです。

20151126r57

付属品

本体、後ろのふた、バッテリー、電源アダプタ、USBケーブル。

初めから、ふた別に準備してあり、自分で組み立てるのは新鮮でした。

電池容量は、少なめの1,700mAhですが、意外に持ちがいいです。

電池容量の理想は、2600mAhぐらいですね!

20151126r58

SIMとMicroSDカードの差し込み

ここでは、SIMとMicroSDカードを準備して差し込みます。

20151126r59

SIMの準備

SIMは、現在NanoSIMが主流です。なぜか今回は、一世代古いMicroSIMです。今後のことも考えてNanoSIMを購入し、ゲタをはかせましょう。

まずは、「いろいろ体験してわかった!SIMアダプターについて」を読みます。

次に必ず「【情報共有】スマートフォンが壊れるかも!nano SIM変換アダプターの注意点」を読んでください。

SIMは、IIJmioがお勧めです。イオンやビックカメラに行けば2時間ほどで新しくて安いSIMにしてくれます。

MicroSDカードの準備

KATANA01は、8GBと空き容量が少ないです。MicroSDカードを差し込みブーストすることで安価でiPhoneにも負けない大容量を実現できます。

ふたを閉める

20151126r60

初期設定は割愛。「Windows10スマホでIIJmioを利用する場合の設定についてKATANA01」を参照ください。ほかのMVNOでも同様です。

Freetelのみ設定が不要です。

20151126r61

まとめ:遊べるスマホ

Windows 10スマホは、発売したばかりで安定していない部分もあります。そのため、初心者には向きませんが、スマホ好きが遊ぶには十分な機能があります。

どちらかと言えば、Nexus 5やNexus 7に近い位置づけで、安価に遊べるスマホです。

位置づけは、Nexus 5やNexus 7に近いですが、違いもあります。予めMicrosoft Officeが入っていてWordとExcelを別途準備する必要がありません。スマホの登場によって多くの人は、パソコンが不要になるかもしれません。

デバック用: FB:0 TW:2 Po:2 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 2  このエントリーをはてなブックマークに追加