【悲報】Mac miniでWindowsキーボードを使ったら駄目

Mac miniを購入した方で多いのが、既にデスクトップパソコンなどを持っていて、ディスプレイ・マウス・キーボードを持っている方です。

出先で試しにWindowsキーボードを使ってみましたが、慣れても厳しいです。

時間の無駄でした。

安価で完成度の高いロジクール K270

Windows用キーボードです。

Windowsキーボードが駄目な理由

キーの配置が滅茶苦茶なため

Ctrl + C(コピー)が、[Windows]+[C]

Ctrl + V(貼り付け)が、[Windows]+[V]

日本語入力が煩雑

普通、印字されている以下を入力すると、英語⇔日本語と切り替わって欲しいです。反応しません。

  • 無変換⇒「英数」
  • 変換⇒「かな」

以下のように操作することで対応可能

  • 日本語切替⇒[Ctrl]+[Shift]+[J]
  • 英語切替⇒[Ctrl]+[Shift]+[;]

Windows / Macの双方に対応しているキーボードであれば自動的にエミュレーションしてくれるのでWindowsでもMacでも違和感なく使うことができます。

キーの順番も純正とほとんど同じです。

Mac純正キーボード

Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) - スペースグレイ MRMH2J/A

ロジクール KX1000s CRAFT

WindowsとMacの両方で使えます。しかも両OSのキー配列が純正と同じです。

上手くエミュレーションしてくれるようです。

ず~と2万円程度をキープしていた本製品ですが、本日時点で13,581円とだいぶん安くなってきました。

私が使っているキーボードです。良い製品です。

まとめ:WindowsとMac両方使えるキーボードを買おう

Windowsキーボードを使うと普段と違った意識が必要なため、脳トレとして使うには、有効です。

しかし、デメリットの方が多いです。

以下の中から適切なキーボードをお選びください。

詳しくは、『Mac mini 2018で最適なキーボード・マウスを探す』を参照ください。

 

 

 

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加