Duet Displayを使用してMac mini 2018のメインモニターとしてiPadを使う方法

Mac mini 2018とiPadがあれば、Duet Displayを使うことによってメインモニターとして使うことができます。

サブモニターとして使うなら本日からmacOS Catalina 10.15が正式にリリースされたことにより、OS標準の機能としてサブモニターとしてiPad Proが使えるようになりました。この機能のことをSidecarといいます。

残念ながらSidecarでは単独のメインモニターにはなりませんでした。orz

Sidecarを使用してMacのサブモニターとしてiPadを使う方法

メインモニターとして使いた場合は、Duet Displayを活用ください。

私が試した環境

以下の3つです。Sidecarが使えない場合にDuet Displayが有効です。

パスワードなしでログインするようにすることで、iPadをメインモニターとして使えます。ただ、セキュリティ的に良くないのでモバイルモニターを素直に使った方が良いです。

  • Mac mini 2018
  • iPad Pro 12.9(2nd)
  • USB-C - Lightningケーブル

Duet Displayをインストール

MacとiPadの両方にインストールします。

Mac版は、『Duet Displayのホームぺージ』にあります。

左側がMac版、右側がWindows版です。

 

iPad版は、『‎Duet Display (App Store)』にあります。

USB-C - Lightningケーブル以上があるとGood!

最新のiPad ProならUSB-C to USB-Cで10Gbpsが期待できます。

Lightning接続のiPad ProならUSB-C - Lightningケーブルがオススメです。転送能力がUSB2(500Mbps) ⇒ USB3(5Gbps)へと10倍にアップし、画面の描画もスムーズになります。

無線は、電波の状況に依存するし、有線には負けます。ケースバイケースで使い分けましょう。

尚、充電能力も高くUSB-C - Lightningケーブルがあると、従来のLightningケーブルと違って充電しながら使うことができます。11.5W充電。4.89V 2.36Aと一昔の急速充電並に早くできます。USB-C to USB-Cも同様の性能だと思われます。

操作方法

普通に行っただけだと、ログイン画面が表示されないため使うことができません。

今回は、ログイン画面を省略することで実現しました。

 

Dockから「システム環境設定」をクリックします。

 

「ユーザーとグループ」をクリックします。

 

「変更するにはカギをクリックします。」をクリックします。

 

パスワードを入力し、「ロックを解除」をクリックします。

 

ログインオプションをクリックします。

 

自動ログインを、「オフ」から使っているユーザーに変更します。

 

以上で、自動的にログインすることで「Duet Display」サービスが起動して使えるようになります。

ログイン項目に「duet」があるか確認すると安心です。

 

iPad側は、Duet Displayを起動して待機するだけです。

 

iPad Pro 12.9(3nd)ならUSB-C-USB-Cケーブルでつなげると思います。

 

Duet Displayの設定について

Mac側で行います。画面右上のduetアイコンをクリックし、「詳細な設定」をクリックします。

 

MacもiPadもパワーが有り余っているので「60FPS」、「Pixel Perfect」で大丈夫です。

まとめ:モバイルとして活用できる

iPadがあると、サブモニターだけでなくメインモニターとしても使うことができることも確認できました。

出先にWi-Fiが無くても、iPhoneでデザリングしながら使うと良いですね!

電源コネクタの1つがあれば良いことになります。

デバック用: FB:14 TW:7 Po:10 B:1 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 7  このエントリーをはてなブックマークに追加