Mac スクリーンセーバーが表示される時間を変更する

Macデビューをしたら、無操作状態が5分続くと再ログオンする必要があったので1時間に修正。

次は、10分間無操作が続くと、ディスプレイの表示がオフになったので同様に1時間に変更。

今度は、20分間無操作が続くと、スクリーンセーバーが表示されるようになりました。

 

スクリーンセーバーは、ブラウン管・ELディスプレイ・プラズマテレビで焼付を防ぐために必要な技術です。液晶ディスプレイでは必要ありません。同様に変更します。

操作方法

Dockから「システム環境設定」をクリックします。

 

「デスクトップとスクリーンセーバ」をクリックします。

 

開始までの時間:「〇分」をクリックします。

 

任意の時間をクリックします。

 

スクリーンセーバは、いまどき不要です。通常は、「開始しない」で良いでしょう。

まとめ:不要な設定。無効にしよう

今どき不要とも思えるスクリーンセーバが、初期値で有効であることにビックリしました。

本設定も必ず変更しましょう。

デバック用: FB:0 TW:1 Po:0 B:0 G+:0 Pin:0 L:0

ツイート 1  このエントリーをはてなブックマークに追加